炎症による赤ら顔の改善に、ビタミンC誘導体化粧水が効果的なのを知っていますか?

しかもビタミンC誘導体配合化粧水は、市販でも購入できるので、皮膚科に通わずに自宅で簡単に対策を行うことできるので、本当にオススメ。

赤ら顔にも種類があるので、効果がない場合もありますので、その辺も詳しく説明します。

自分の赤ら顔の原因を確認して、ビタミンC誘導体の浸透力や効果で改善しましょう。

赤ら顔対策法は、自宅でできるビタミン誘導体が人気!

あなたの赤ら顔の原因が炎症や皮脂分泌によるものであれば、ビタミンC誘導体配合化粧水が効果的。

ビタミンC誘導体の非常に高い浸透力と美白効果、抗酸化作用で炎症や皮脂分泌に効果的に作用します。

しかもビタミンC誘導体は、医薬部外品として厚生労働省も認可した美白効果があるので、単に炎症を改善するだけではなく、ニキビ跡なども目立たない状態してくれます。

最近はパッケージの目立つところに、「 ビタミンC誘導体」とか、「 APPS」や「APS」と書かれていますので、見たらわかると思います。

APPSとは、アプレシエとも呼ばれ、リン酸パルミチン酸アスコルビル3Naのこと。

APSとは、リン酸アスコルビン酸Naのことです。

どちらかと言えば、APPS(アプレシエ)の方が効果的で、その浸透力の高さは普通のビタミンCの100倍とも言われています。

血管拡張型の赤ら顔はビタミンC誘導体ではく、ビタミンK

赤ら顔の中でも血管拡張型の人は、ビタミンC誘導体ではなく、ビタミンKが効果的。

血管拡張型とは、 人前で赤くなったり、気温の変化で赤ら顔になってしまうようなタイプの人。

この場合の原因は、体質による影響を受けていることが多く、血管が広がりやすい人に多い特徴があります。

そのため、ビタミンKの効果で血管に出来た栓を取り除き、血流をスムーズにすることで、血管が拡張しにくくなり、赤ら顔にもなりにくくなります。

ビタミンKにも様々な種類があるので、全てのビタミンKがあなたに効果的だと思わずに、合うものを探すようにしましょう。

ニキビや炎症、皮脂分泌の赤ら顔にはビタミンC誘導体!

これは本当に効果的に作用します。

元々、ビタミンCの抗酸化作用は誰もが知っているものですが、その浸透力に問題がありました。

しかしリン酸基などと組み合わせることで、APPS(アプレシエ)にしたビタミンC誘導体の場合、イオン導入と同じレベルで浸透します。

APPS型のビタミンC誘導体配合化粧水なら、自宅で毎日イオン導入を行っているようなもの。

ビタミンCの効果で、皮脂分泌が抑制され、炎症も改善。赤みやくすみに美白効果が作用し、コラーゲンの産生も強化される。

これで赤ら顔が改善しないわけないんです。

最近はAPPSにも価格の安いものが増えてきて、毎月3000円程度で使用できるものもあります。

私もそのタイプのビタミンC誘導体配合化粧水を使用していますが、この値段でこの効果?と疑いたくなるような感覚です。

ニキビ跡なども薄くなっていくので、どんどんまた使いたくなるという、まさに中毒的な要素までも。

ビタミンC誘導体化粧水を使用する際の注意点

ビタミンC誘導体配合化粧水には、使用期限が1ヶ月のものがほとんど。

だから毎月定期的にコストが発生しますし、使用量をケチってしまうと効果がなかったり、残ってしまって、効果の落ちたものを使うということも。

これではまったく意味がありませんので、多少のコストは仕方がないと理解してください。

それと油脂肌の人なら、皮脂分泌をしっかり抑制してくれますが、乾燥肌や肌が敏感なタイミングだと、肌に刺激になることも。

しっかり保湿ケアを行うか、パッチテストをしたり、肌の状態をチェックしながら使うことが大事。

そうすれば、赤ら顔もしっかり改善することができます。

皮脂分泌を抑制できることは、新しいニキビの予防にもなり、毛穴も目立ちにくくなりますので、トータルスキンケアができる1本です。

あなたもAPPS型のビタミンC誘導体配合化粧水を使ってみませんか?

ビタミンC誘導体について、その効果や効能、種類などをまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください。

赤ら顔の悩み、ニキビの悩みをしっかり改善できるはずです。