美白化粧品の美容成分として、ビタミンC誘導体を配合した化粧水の評価が高くて人気だと言われています。

実際のビタミンC誘導体の美容効果は、他の美白化粧品の成分とはどう違うのか?期待できる効果の違いを徹底検証。

アンチエイジング効果や美白効果が話題のビタミンC誘導体配合化粧水の特徴をまとめて解説します。

ビタミンC誘導体が美白化粧品の美容成分としておすすめの理由とは?

まず最初にお伝えしたいのは、全てのビタミンC誘導体が美白化粧品の成分としてオススメであるわけではないということ。

ビタミンC誘導体という美容成分には、

  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • 油溶性ビタミンC誘導体
  • 高浸透型ビタミンC誘導体

という形で、大きく3つに分類することができ、高浸透型ビタミンC誘導体には、様々な呼び名があり、進化型ビタミンC誘導体や新型ビタミンC誘導体、両性型ビタミンC誘導体など、メーカーごとに若干呼び名が異なります。

しかし、この高浸透型ビタミンC誘導体であるAPPS(アプレシエ)こそが、美白化粧品に最も効果的な美容成分。

その一番の理由が、ビタミンCの浸透性の高さです。

通常のビタミンC水溶液の浸透力を1と仮定すると・・・

  • 水溶性ビタミンC誘導体:8〜9倍
  • 油溶性ビタミンC誘導体:20〜30倍
  • 高浸透型ビタミンC誘導体:100倍

という感じで、ビタミンC誘導体の中でも最も浸透力が高く、角質層を通過して、真皮層までハンドプレスで浸透させる事ができるから。

真皮層までビタミンCを浸透させるということは、美顔器でイオン導入を行っているのと同じレベルの美容効果を、日々のスキンケアで実感できるということ。

だからこそ、美白化粧品には、高浸透型のビタミンC誘導体配合化粧水を使用することで、非常に優れた美白効果を実感できるというわけです。

美白有効成分でもビタミンC誘導体がおすすめの理由とは?

厚生労働省が美白効果があると認めた美白有効成分には、本当の多くの種類があり、企業ごとに開発競争が起こり、独自の美白有効成分を開発している化粧品メーカーも多いんです。

実際に多くの美白有効成分がありますが、そのほとんどがシミやくすみを出来にくくするという予防効果が期待できるもの。

チロシナーゼ酵素というメラニン色素の生成に作用する酵素の動きを抑制して、その結果、メラニンの生成や色素沈着を予防する方法で、シミやそばかすを防ぎ美白効果を実感できます。

だから、これからできるシミやそばかすには効果的ですが、すでに出来ているシミやそばかすには、効果を発揮しないものばかり。

しかしビタミンC誘導体には、メラニンの還元効果があります。

メラニンを還元することで、すでに出来ているシミやそばかすのメラニン色素に働きかけ、メラニンをその場で分解し、元の状態に戻すことができるということ。

もちろん、メラニンの合成を予防する効果もあるので、メラニンに対するW効果を発揮して、シミやそばかすを効率的に解消できるという非常に優れた美白効果があるんです。

美白有効成分で、メラニンの還元効果があるのは、実はビタミンC誘導体だけなので、ビタミンC誘導体を選ぶ理由は、まさにそこにあります。

美白化粧品に含まれる美白有効成分には、どのようなものがあるのか?

ビタミンC誘導体以外にも、美白有効成分には本当に多くのものがありますので、その一部を簡単に紹介したいと思います。

あなたが普段使っている基礎化粧品や美容液、乳液などにも含まれている美白有効成分があると思いますので、チェックしてみてください。

美白有効成分のトラネキサム酸とは?

トラネキサム酸とは、元々医療現場で使用されていた成分で、凝固した血液を溶かす効果がある抗プラスミン作用を持つアミノ酸のこと。

トラネキサム酸には、止血作用以外にも炎症予防の効果があります。

紫外線によってプラスミンが活性化され、皮膚の炎症や肌荒れを起こし、炎症部分ではメラニンが過剰生成されることで、色素沈着の原因に。

そこで抗プラスミン作用があるトラネキサム酸を補うことで、プラスミンが引き起こす炎症を予防し、メラニンの過剰生成を抑制する効果があることで、美白有効成分と認められています。

トラネキサム酸は肝斑に効果的であるとも言われている美白有効成分ですが、メラニン生成の初期段階でしか作用しないので、トラネキサム酸だけではなく他の美白有効成分と合わせて使用することでより効果が高まります。

美白有効成分のアルブチンとは?

アルブチンとは、肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンにブドウ糖を結合させたことで、刺激をなくし安定性を高めた美白有効成分。

ハイドロキノンにはメラニンを除去する作用がありますが、アルブチンの美白効果は、メラニンが活性化する際に起こるチロシナーゼという酵素の動きを抑制するもの。

だから、ハイドロキノンほどの美白効果は期待することができません。

アルブチンには、αアルブチンとβアルブチンがあり、日本とスイスのメーカーが制作したαアルブチンの方が、美白効果は10倍高いと言われています。

だからもしあなたがアルブチン配合の美白化粧品を選ぶなら、αアルブチンが配合されているのかということを必ずチェックするようにしましょう。

美白有効成分のリノール酸とは?

リノール酸とは体内で作ることができない必須脂肪酸に分類されるもので、グレープシードオイル、オリーブオイル、ベニバナ油などに含まれている成分。

必須脂肪酸なのに、美白有効成分?と思うかもしれませんが、美白有効成分として認められているのは、リノール酸Sというもの。

リノール酸Sとは、ベニバナ油を精製して作り出される美白成分。

2001年に厚生労働省に認可された新しい美白有効成分で、通常のリノール酸が3つの脂肪酸で成り立っているのに対し、1つの脂肪酸しかない特徴があります。

美白有効成分のコウジ酸とは?

コウジ酸とは、非常に歴史がある美白有効成分で、1988年に厚生労働省が認可した杜氏さんの手がなめらかで白いことから発見されたこうじ菌由来の美白有効成分。

コウジ酸には、メラニンを生成する酵素を抑制する作用と、メラニン生成を促進する情報伝達物質の産生を抑える効果もあります。

さらに糖化による黄ぐすみにも効果があると言われており、抗糖化作用成分としても注目されています。

皮膚科では主にハイドロキノンの持つ美白効果を治療に活用することが多いですが、ハイドロキノンは刺激物質のために、敏感肌の人や肌が弱い人は使えません。

その際に、ハイドロキノンの代わりにコウジ酸クリームを処方することもあるほど、シミやそばかすへの美白効果を期待することができる美白有効成分です。

ビタミンC誘導体配合化粧水でおすすめなのは、エンリッチローション

様々な美白有効成分があることがわかったと思いますが、ビタミンC誘導体配合化粧水で最もおすすめなのは、サイクルプラスのエンリッチローション。

実は私も使用しているので、エンリッチローションの美白効果の高さは、すでに実感済。

エンリッチローションが他の美白化粧品よりも良いのは、

  • プチプラ価格で購入できる
  • ビタミンC誘導体の新鮮度が最も高い
  • 保湿力が高く、ビタミンC誘導体のデメリットを感じにくい
  • エイジングケアに有効的な成分が豊富
  • 実際に私も美白効果を実感している

まだまだ幾つものおすすめポイントがありますが、エンリッチローションは本当におすすめです。

高浸透型ビタミンC誘導体配合化粧水は、一般的に6,000〜10,000円ほどするのに、エンリッチローションは、プチプラ価格の2,800円。

この価格帯は、水溶性ビタミンC誘導体しか購入できないレベル。

プチプラ価格で高浸透型ビタミンC誘導体の効果を実感できるのは、エンリッチローションだけという非常にコスパが良いことは一番の理由。

さらに2剤式という使用前にAPPSとローションを混ぜることで、最も新鮮な高浸透型ビタミンC誘導体の効果を実感できます。

これも保存期間に限りがあり、どんどん酸化してしまうAPPSのデメリットを解消できる非常に考えられた方法のひとつ。

だからこそ、美白化粧品を選ぶなら、サイクルプラスのエンリッチローションがおすすめ。

実際に私の使用感や感想、美容成分や期待できる効果などをまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください。

APPS配合化粧水の中でも、エンリッチローションが良いとおすすめしている理由がよくわかると思います。

ビタミンC誘導体という美容成分について、その違いをもっと知りたい人や、ビタミンC誘導体って本当に効果的なの?

と思っている人には、こちらの記事の方が良いかもしれません。

ビタミンC誘導体配合化粧水が、なぜ基礎化粧品としておすすめなのか、美容成分としてのビタミンC誘導体の特徴や効果をまとめた記事です。

美白化粧品には本当に多くの美白有効成分が含まれていますが、最も複合的に作用するビタミンC誘導体の効果を実感すると、他の美白有効成分との違いに驚くと思いますよ。