ディセンシア サエルのクリアリストには、ビタミンC誘導体が配合されていることで、美白効果が期待できる商品。

しかし美白化粧品としての効果が低く、実際にはあまりホワイトニング効果が期待できないという噂があります。

実際にどのようなビタミンC誘導体が配合されているのか?その特徴や期待できる効果を徹底検証します。

ディセンシアのサエル ホワイト デイミルク クリアリストとは?

出典:http://www.decencia.co.jp/

ディセンシアの化粧品の中でも、サエル ホワイト デイミルク クリアリストにはビタミンC誘導体が含まれていることで、非常に優れた美白効果があると言われています。

しかし、サエルのクリアリストに含有されているビタミンC誘導体について調べてみると、かなり以外な事実があったんです。

サエルに含まれているビタミンC誘導体は、アスコルビルグルコシド。

L-アスコルビン酸2-グルコシドとも呼ばれる水溶性ビタミンC誘導体のことです。

ビタミンC誘導体には幾つかの種類があり、水溶性ビタミンC誘導体は、最も古い成分。

ビタミンCの安定性には優れているものの、その効果は最も低いと考えられており、実際の浸透力もピュアビタミンの8〜9倍というレベル。

そんな水溶性ビタミンC誘導体の中でも、アスコルビルグルコシドは最も効果がないビタミンC誘導体だと考えられています。

アスコルビルグルコシドが効果がないビタミンC誘導体という理由は?

アスコルビルグルコシドがなぜ効果がないビタミンC誘導体なのかというと・・・

そもそもアスコルビルグルコシドは、ビタミンCとグルコシドを結合することで、安定性を増したビタミンC誘導体。

しかし人間の肌には、このグルコシド結合を分解する酵素がほとんど存在していない事実があります。

ではなぜそんな成分が、美白有効成分として認可され、美白化粧品に使われているのかといえば、このアスコルビルグルコシドの効果の検証を行った実験に問題があるから。

それがラットを使って美白効果を検証した実験です。

実はラットの皮膚には、グルコシド結合を分解する酵素が沢山あり、その皮膚を使ってアスコルビルグルコシドの効果を検証した結果、美白効果が認められたから。

これってどうなの?

と思うかもしれませんが、実際に人間の皮膚にグルコシド結合を分解する酵素がなくとも、効果が認められたという点では変わらないので、美白有効成分として認可されているんです。

人間の皮膚で実証実験を行わずに美白有効成分として認可され、医薬部外品として現在も多くの化粧品に使用されています。

なかなかそんなマニアックなことは普通の人は知りませんよね?

でもこれがアスコルビルグルコシドの実際の話。

アスコルビルグルコシドは実は白斑のリスクがある成分。

そしてさらに残念なことを言えば、このアスコルビルグルコシドは、白斑のリスクがある成分。

美白効果がないのに白斑のリスクがあるという、一見すると意味不明な話ですが、実はこのグルコシド結合を分解する酵素がある部分があるんです。

人間の皮膚の内部には、このグルコシド結合を分解する酵素が存在しています。

だから表面的には何も効果を実感できないのに、中長期で使い続けることに微量ずつ肌の基底層まで浸透し、そこで美白効果を発揮。

角質層ではほぼ効果を実感できないのに、メラノサイトの近くで美白効果を発揮して、白斑の状態を招く残念な状態になります。

白斑とはメラノサイトが破壊されることで起こる症状のこと。

経皮吸収性と細胞毒性の両方の性質を持っている成分しか、メラノサイトを破壊することができず、アスコルビルグルコシドにはその両方の性質があるので白斑を招くことに。

そんなビタミンC誘導体を配合しているのが、ディセンシアのサエル クリアリストなので、非常に残念な話ですよね。

ビタミンC誘導体でも、APPSなら非常に優れた効果が期待できる

ビタミンC誘導体という美容成分には、アスコルビルグルコシドのような残念なものばかりではありません。

最強のビタミンC誘導体とも言われる、高浸透型ビタミンC誘導体のAPPS(アプレシエ)は、非常に優れた美白効果を発揮することでも話題の成分。

その浸透力は、通常のピュアビタミンの100倍とも言われ、肌の真皮層までハンドプレスで浸透する効果が期待できます。

真皮層までビタミンが浸透するという状態は、通常は美顔器でイオン導入を行わないとできないこと。

それを日々のスキンケアで、ハンドプレスだけで実感できるので本当におすすめです。

これがAPPSが最強のビタミンC誘導体と呼ばれる理由

だからもしあなたがビタミンC誘導体配合化粧品で、本当に優れた美白効果を実感したいのなら、APPS配合のものを選ぶことが基本です。

APPS配合化粧品なら、エンリッチローションがおすすめ。

APPS配合化粧品にも幾つかの商品がありますが、その中でも最もおすすめなのが、サイクルプラスのエンリッチローション。

このエンリッチローションに配合されるAPPSは、他のどんな化粧品よりも最も新鮮で、効果が高い状態で使用することができます。

その理由が、2剤式というエンリッチローションならではの製法。

これはローションとAPPSのパウダーが別になっており、使用を開始するタイミングで初めて混ぜ合わせる方法を取っています。

だから最も良い状態で、APPS(アプレシエ)の効果を実感できます。

しかもエンリッチローションは、APPS配合化粧水の中でも、最もコスパに優れており、その価格はプチプラコスメレベル。

通常のAPPS配合化粧水が6000〜10000円という価格帯なのに対して、エンリッチローションは2800円。

3000円以下で、最強のAPPSの効果を実感できる化粧品は、エンリッチローション以外にはないでしょう。

エンリッチローションはAPPS以外にも、EGF様ペプチドやFGF様ペプチドを含有していることで、エイジングケア効果も期待できます。

だから年齢肌が抱える様々な問題や肌トラブルも解決してくれる効果まで。

これが本当にすごい効果的で、私も実際にエンリッチローションを使用していますが、ディセンシアのサエルとは全く効果が違います。

実際にエンリッチローションの使用感や感想、美容成分などについてまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください。

エンリッチローションのAPPSとサエルのアスコルビルグルコシドでは、同じビタミンC誘導体でも、効果が全く違うレベルなので、本当におすすめです。

なぜ同じビタミンC誘導体でも、そこまで効果が違うのか?ということが気になって仕方がないという人には、この記事がおすすめ。

ビタミンC誘導体という美容成分について、どんな種類があり、どんな効果が期待できるのかをまとめていますので、美容成分としての特徴や効果を確認できますよ。