デリケートゾーンやお尻などの黒ずみにも、メビウス製薬のシミウスの美白効果は役立つのでしょうか?

薬用で美白効果も高いシミウスなので、こっそり乳首の黒ずみにも使っている人もいるそうです。

シミウスの美白効果と意外な活用方法を紹介していますので、全身の黒ずみ対策にシミウスを使ってみるのも良いかもしれません。

デリケートゾーンやお尻にもシミウスは効果的なのか?

メビウス製薬のシミウス ホワイトニングリフトケアジェルの美白有効成分は、プラセンタエキスです。

プラセンタエキスの持つターンオーバーを促進する効果とメラニンの抑制効果で、気になるシミやそばかす、くすみの解消に役立つスキンケア化粧品。

ではスキンケアにしか使えないのかと言えば、それは違う話です。

プラセンタエキスの効果は肌の部位を選ばない、ターンオーバーに直接作用するもの。

だから顔以外にもデリケートゾーンの黒ずみにも活用する事が可能です。

デリケートゾーンにシミウスを活用する場合の注意点。

デリケートゾーンや脇の黒ずみにシミウスを使うなら、ぜひ最初にやっておきたいことがあります。

それはムダ毛の処理。

シミウスの効果を高めるためには、毛が邪魔をして浸透しにくい状態よりも、毛のない部分に浸透させることの方が大切です。

だからまずはムダ毛の処理をおこなって、その上でシミウスを塗るようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみを改善するのも、やはり数回のターンオーバーの後になりますので、即効性はありません。

これはデリケートゾーン専用の美白クリームでも同様なので、使っていくうちに徐々に美白効果を実感できるようになると理解しましょう。

またシミウスには高い保湿力がありますので、肌のうるおいが変わります。

デリケートゾーンではなく、お尻の黒ずみ対策に使っていると、赤ちゃんのような滑らかなお尻に変わっていく効果を実感できるでしょう。

シミウスならお尻のニキビにも効果的

シミウスの有効成分は、プラセンタエキスだけではありません。

グリチルリチン酸ジカリウムという、ニキビの治療薬にも使われている抗炎症成分が配合されています。

このグリチルリチン酸ジカリウムの炎症抑制作用と、それ以外にもいくつもの抗炎症作用や抗酸化作用、殺菌作用の期待できる美容成分が配合されています。

だから気になるお尻ニキビや、乾燥感による肌荒れにも非常に優れた効果が期待できるんです。

おしりニキビは治っても、その跡が残っていることがありますので、シミウスのターンオーバー促進効果で、色素沈着を解消し、キレイなお尻にする効果も。

シミウスの美白効果は医学雑誌にも掲載されるレベルなので、それを効果的に活用しないというのは、非常にもったいない話だと思いませんか?

デリケートゾーン、お尻、フェイス・・・全身の美白ケアにシミウスを活用している人もいますので、専用ケア商品ではないですが、効果は期待できると思いますよ。

シミウスの効果や効能、実際にどんな美容成分が原材料に使われているのかなど、シミウスを実際に使っている私なりの情報をまとめた記事がありますので、読んでみてください。