プチプラ化粧品の代表とも言えるハトムギ化粧水とビタミンC誘導体では、どちらが美白効果が高いのでしょうか。

ハトムギVC化粧水という、両方の成分が配合された商品もありますが、実際の効果とは。

気になるハトムギ化粧水の美白効果や魅力について紹介します。

ハトムギ化粧水の特徴や魅力、期待できる効果は?

ドラッグストアや薬局などで500円前後で購入でき、美肌効果や美白効果があるハトムギエキスが配合されていることで、人気のハトムギ化粧水。

実際にハトムギ化粧水には、どのような特徴があって、どんな魅力があるのか?

単なるプチプラ化粧水とも言い切れない、ハトムギが持っている様々な効果について紹介します。

ハトムギ化粧水とは、イネ科の麦の一種のハトムギから抽出された成分を配合している化粧水のことで、様々なメーカーがプチプラ価格で販売しています。

ハトムギにはアミノ酸が含まれていることで、肌の潤いを与えることができ、さらにハトムギ由来のヨクイニンエキスとハトムギエキスが、効果的に作用すると考えられています。

ハトムギ化粧水の美白効果とは?

ハトムギエキスには、良質なアミノ酸が豊富に含まれており、皮膚のターンオーバーを促進する作用が期待できます。

ターンオーバーが促進されることで、古い角質が剥がれおり、新しい細胞が表面に出てくることで、シミやメラニンを排出する効果が期待できます。

ただメラニンに直接働きかけて、シミやそばかすを消すという意味での美白効果はありませんので、その部分は理解する必要があります。

ハトムギ化粧水に期待できるのは、ターンオーバーの正常化による美白効果のみ。

美白有効成分ではありませんので、その点では、美白効果が実証されているわけではありません。

ハトムギ化粧水のニキビ跡改善効果とは?

ターンオーバーが促進され、正常化するということは、既にできてしまったニキビ跡の改善効果も期待できるということ。

新陳代謝が正常に行われることが、美肌づくりにとって非常に重要なことなので、ハトムギ化粧水にもその効果が。

ここでもハトムギエキスに含まれる豊富なアミノ酸が効果的に作用します。

ハトムギ化粧水の保湿効果とは?

ハトムギエキスに含まれるアミノ酸には、角層内の保湿成分であるMMF(天然保湿成分)の主成分という役割も。

主成分を外部から補うことで、保湿力が高まるのもイメージできると思います。

ただハトムギ化粧水の保湿力だけでは、肌のうるおいをキープするのは難しいので、しっかり美容液やクリームでフタをするようにしましょう。

ハトムギ化粧水とビタミンC誘導体の違いは?

ここ大事なポイントです。

ハトムギエキスにもビタミンC誘導体にも美白効果があると言われていますが、実際の効果は大きく異なるもの。

ビタミンC誘導体は美白効果の認められた医薬部外品、ハトムギエキスは美白作用があると言うもの。

ここが大きな違いです。

ハトムギエキスの美白効果は、ターンオーバーの活性化や正常化によるもの。

メラニン色素に対して、その生成や還元に効果があるレベルではないんです。

だからハトムギ化粧水を使用しても、ビタミンC誘導体の様な美白効果を実感する事はできません。

高校生にはプチプラで効果的なハトムギ化粧水でも、20代後半以上の年齢になると、保湿力も不足し、美容成分も不十分なので、効果を実感するのは難しいでしょう。

肌ラボ 極水 ハトムギVC化粧水はどうなのか?

実はハトムギ化粧水にも、ビタミンC誘導体を配合した商品「肌ラボ 極水 ハトムギVC化粧水」があります。

この商品、ロート製薬がハトムギ化粧水とビタミンC誘導体のいいとこ取りをしようと開発した化粧品で、500円ほどで購入可能。

実際に配合されているのは、アスコルビルグルコシドという水溶性ビタミンC誘導体。

ビタミンCに糖を結合させ、グルコシターゼという酵素でビタミンCと糖を分解することで、肌に作用する事を目的に開発された、安定性に優れたビタミンC誘導体。

しかも低刺激で配合しやすい特徴があるので、美白化粧水にもよく配合されているという特徴が。

ただ、このアスコルビルグルコシドには大きな問題が。

グルコシターゼという酵素が人の皮膚には存在しないので、ビタミンCに変換できずに排出されてしまうんです。

だから、期待するような美白効果は得られません。

さらにエタノールが配合されていることで、アルコール臭が強く、敏感肌の人には刺激になる可能性も。

テクスチャー自体はサラッとしているので、バシャバシャと使える感じですが、効果は期待できません。

残念なポイントがもうひとつ、ポリソルベート20という合成界面活性剤を使用しているので、肌にはダメージになる可能性も。

ハトムギ化粧水とビタミンC誘導体の良いとこ取りを目指した化粧水ですが、個人的にはおすすめできない化粧品です。

実際に私がビタミンC誘導体配合化粧水で、最もコスパがよくて効果的だと思っているのが、サイクルプラスのエンリッチローション。

ハトムギ化粧水ほどではありませんが、プチプラ価格で本当に効果があることがわかっている美白化粧水です。

ビタミンC誘導体にも、水溶性ビタミンC誘導体、油溶性ビタミンC誘導体、進化型ビタミンC誘導体という種類があります。

実際にどのビタミンC誘導体を選ぶのかで、得られる効果が大きく違いますので、ビタミンC誘導体の基本情報を知りたい人には、この記事がおすすめ。

ビタミンC誘導体という非常に魅力的な美容成分のことが、よくわかると思いますよ。