美白効果が高い美容成分として、ハイドロキノンとビタミンC誘導体が一番効果的だと言われています。

しかし最強の美白効果があっても安全性に問題があるなら、肌トラブルを避けるためにも控えたいところ。

実際に美白効果が高くて、普段のスキンケアにも活用できる美肌成分はどちらなのかを徹底検証します。

ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれる最強の美白成分!

美白効果が高い有効成分として、ハイドロキノンは非常に人気です。

元々、美容皮膚科クリニックでも処方されいたレベルの美白成分ですので、美白効果に優れており、「肌の漂白剤」という別名があるほどの効果が期待できます。

美白効果が高いだけではなく、即効性にも優れていることで、すぐにシミやそばかす、肝斑を改善したいという女性に非常に人気の美肌成分。

実際にクリニックで処方される4%以上の高濃度のハイドロキノンの美白効果は、シミ予防成分のβアルブチンの約100倍と言われています。

そこまで高濃度になると、日常的なスキンケアには活用しにくいですが、濃度が1〜2.5%ほどのハイドロキノンであれば、比較的扱いやすいと考えられています。

ハイドロキノンの美白効果と特徴とは?

ハイドロキノンは、メラニン色素の生成元であるメラノサイトの細胞数を減らす効果があるので、メラニン色素の生成を抑制できます。

またメラニン色素の生成に関係している酵素のチロシナーゼに対する抑制効果があることでも、メラニン色素が減少。

即効性が高いので、美白効果を実感するまでの時間が短いので、短期的にシミやそばかすの改善を目指す人には、最もおすすめかもしれません。

ハイドロキノンが実際に効果的だと言われているのは、

  • シミやそばかす、肝斑
  • ニキビ跡や傷あと、火傷の痕などで残った色素沈着

ハイドロキノンの副作用や注意点は?

美白効果の高いハイドロキノンは、その効果が優れている分、副作用の報告があります。

分類するとその種類は4つ。

  • 肌の赤みやかゆみ、炎症の発生
  • シミや色素沈着の状態の悪化
  • 白斑の発生
  • 紫外線に対して弱くなる

ハイドロキノンは非常に効果が優れている分、刺激の強い成分なんです。

特に体質的にハイドロキノンが合わない人の場合には、肌に赤みやかゆみ、炎症などの症状が出やすい特徴がありますので、パッチテストは必須。

さらにハイドロキノンを使うことで、メラノサイトの活動が抑制されるので、紫外線に対して肌が弱くなり、すでにできているシミやそばかすが悪化することもあります。

ハイドロキノン使用時には、紫外線対策をいつも以上にしっかりと行う必要がありますので、事前に理解しておきましょう。

美白効果の高いハイドロキノンは、4%濃度以上だと2〜3ヶ月以内、1〜2%でも1年以内の使用にしないと白斑になるリスクが高まります。

またハイドロキノン自体が非常に酸化しやすいという特徴がありますので、使用時には劣化していない事が基本。

使用期限を確認したり、見た目の変化がないか(茶色くなっていないか)を必ず確認して、肌トラブルのリスクを軽減させましょう。

ビタミンC有効成分のAPPS(アプレシエ)の美白効果は?

ビタミンCは、抗酸化作用や美白効果が優れていますが、安定性に欠ける美容成分なので、塩基酸などと結合させることで成分を安定化&低刺激にしたものがビタミンC誘導体。

美白効果が高いと言われているビタミンC有効成分にも、3つの種類があります。

  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • 油脂性ビタミンC誘導体
  • 両性ビタミンC誘導体

この3種類のビタミンC誘導体の中でも、最も効果的なのが両性ビタミンC誘導体です。

両性ビタミンC誘導体にも、APPS(アプレシエ)とAPISがありますが、現在一般的なのは、APPS(アプレシエ)

APISは浸透力がAPPSの2倍と言われていますが、値段が高く、まだ新しい成分なので、副作用などがわかりきっていないリスクがあるので、APPSで紹介します。

両性ビタミンC誘導体 ASSP(アプレシエ)の効果と特徴は?

APPSの美白効果は、ビタミンCの浸透力が通常のビタミンCの100倍もあり、ハンドプレスだけで真皮層まで浸透することでえられるもの。

美白成分の中でも、最も万能で安全な美白効果が期待できるのがビタミンC誘導体。

ビタミンC誘導体には、メラニン色素の生成を抑制する効果と、既にできてしまったメラニン色素を還元する効果があります。

さらに細胞の活動を活性化させ、肌のターンオーバーを正常化させることで、シミを浮き上がらせて自然に剥がれ落とします。

美白効果の話をしていますが、万能なビタミンC誘導体では、

  • 美白効果(シミ取り・シミ対策)、くすみ改善
  • 吹き出物やニキビの予防
  • 毛穴の開きや毛穴ケア効果
  • しわやたるみ改善効果
  • エイジング肌ケア効果
  • 目元のくまの改善効果

これだけの効果が期待できるんです。ハイドロキノンのような即効性はありませんが、ここまで万能だと、ビタミンC誘導体も凄く気になる美容成分ですよね。

ビタミンC誘導体の副作用や注意点は?

万能な美容効果が期待できるビタミンC誘導体にも副作用や注意点があります。

最も注意すべき点は、皮脂分泌抑制効果による肌の乾燥。特に乾燥肌の人がビタミンC誘導体配合化粧水を使用すると、乾燥肌が悪化すると言われています。

その為、基本的には乾燥肌の人はビタミンC誘導体が配合されている化粧品は使わない方が良いと言われています。

ただ乾燥肌に人でも、万能の美容効果を得るために、しっかり保湿ケアを行うことで効果を実感できるので、あえてビタミンC誘導体を使用する人もいます。

水溶性ビタミンC誘導体などは、その効果を高める為に高濃度の商品が、以前はよく販売されていました。

そういったタイプを使用すると、ピリピリ感や肌に刺激を感じる事があるので、注意が必要ですが、APPSなら高濃度にしなくとも、効果を実感できますので、その心配は不要です。

ハイドロキノンとビタミンC誘導体のどちらが良いのか?

個人的な意見を言えば、より安心して使え、万能的な効果がある両性ビタミンC誘導体のAPPS(アプレシエ)の方が良いと感じています。

効果が強いものばかり使っていることで、肌トラブルの原因にもなりかねませんし、短期的に効果があるとまたそれに頼ることもあるでしょう。

私は中長期でしっかり改善したいし、何よりも肌に刺激になるものは避けたいタイプなので、ビタミンC誘導体をおすすめします。

実際に私の使用しているのが、APPS配合のエンリッチローション

そのレビューや商品紹介がこの記事です。

実際に使ってみて思うのは、本当に肌の質感やくすみが改善されてきているということ。1ヶ月で使う量も明確になっているし、2剤式というのも面白いポイント。

ビタミンC誘導体についてまだよくわからないので、もっと情報を知りたいという人は、この記事がおすすめ。

この記事ではビタミンC誘導体について、水溶性ビタミンC誘導体、脂溶性ビタミンC誘導体、両性ビタミンC誘導体の特徴やその違いを説明しています。

これらの記事を読むことで、ハイドロキノンよりも安全に美白効果を実感できるのが、ビタミンC誘導体だということがわかると思いますので、参考にどうぞ!