いちご鼻の目立つ角栓をビタミンC誘導体配合化粧水を使うことで、抑制できるのを知っていますか?

さらに毛穴の黒ずみの改善や皮脂分泌抑制効果的で、いちご鼻の原因に直接作用。

実際にどのような効果が、ビタミンC誘導体配合化粧水にあるのかを解説。

合わせて、いちご鼻の効果的なケア方法なども簡単に紹介します。

いちご鼻の原因と主な症状とは?

いちご鼻については、説明しなくとも分かる人がほとんどだと思いますが、鼻の毛穴がポツポツと黒ずみを帯びて目立っている状態。

皮脂分泌量が多い油脂肌の人や、皮脂分泌量が多い思春期の時期に起こることが多い症状ですが、加齢による影響を受けることもあり、あらゆる年代の人が悩む肌トラブルの症状です。

いちご鼻の原因は非常に簡単で、皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌がきっかけになり、鼻の毛穴に角栓がつまり、それでいちご鼻へと成長していきますので、最も重要なことは皮脂の過剰分泌をコントロールすること。

鼻のあるTゾーンは皮脂腺も多く、皮脂の分泌量も増加しがちです。

そんな皮脂腺の多い鼻にメイクで蓋をすることで、いちご鼻がどんどん悪化。

実際にいちご鼻ができる原因は、大きく分けると3つあると考えられていますので、詳しく紹介します。

角栓づまりがいちご鼻の原因

いちご鼻の原因の代表格と言えば、角栓づまりです。

角栓とは、過剰分泌された皮脂や古い角質、落としきれなかったメイクや汚れなどが混ざりあって、毛穴に詰まっている状態のこと。

角栓には白い角栓黒い角栓がありますが、その原因はまったく同じもの。

黒い角栓の場合は、白い角栓が毛穴に詰まった状態が続いたことで表面が酸化、その結果、余計に目立つ状態になっている事です。

毛穴の黒ずみがいちご鼻の原因

毛穴の黒ずみもいちご鼻原因ですが、毛穴の黒ずみには、いくつかの原因が考えられます。

  • 汚れ詰まりタイプ
  • 毛穴広がりタイプ
  • オイリータイプ
  • メラニンタイプ

汚れ詰まりタイプは、角栓が酸化したもの。

乾燥肌や保湿ケアが不十分だと毛穴広がりタイプになり、皮脂分泌が過剰に行われているオイリータイプ、日焼けによるメラニンの蓄積が原因のメラニンタイプ。

このように4つのことが原因となり、毛穴の黒ずみが目立ち、それがいちご鼻を生み出してします事が多いんです。

毛穴の開きがいちご鼻の原因

皮脂分泌量が多い油脂肌の人や、化粧品などの成分が刺激となり毛穴が広がってしまい、目立つ原因になっている人も多いんです。

加齢や日焼け、過度なストレスに伴い、肌の保湿成分であるセラミドが減少してしまうことで、毛穴が広がってしまうことも。

いちご鼻を悪化させる間違いケアとは?

いちご鼻になると、見た目にもすごく影響しますので、ついやってしまいがちな間違いケアがあります。

いちご鼻を悪化させる間違いケアの代表格と言えば、一番簡単でスッキリした気になれる、角栓を押し出す行為。

無理やり角栓を押し出すとどうなるか?

いちご鼻が気になったり、毛穴の詰まりが気になったりしたことがある人が、一度は経験した事があると思います。

力を加えて毛穴の角栓を押し出すと、毛穴周辺の皮膚が傷つき、さらに毛穴が開いてしまい、凸凹が目立ち、余計にいちご鼻が悪化します。

力を加えて押し出さなくとも、毛穴スッキリシートのように貼って剥がすタイプの毛穴パックも、周りの角質を剥がすことになり、乾燥や新たなトラブルの原因になりかねません。

過剰な洗顔や、あぶらとり紙の多用もダメ

皮脂分泌量が多いことで、肌のテカリが気になり、1日に何度も洗顔を行ったり、洗顔が大事だと強くこすりすぎるのも良くないです。

さらにあぶらとり紙や汗ふきシートなどで、1日に何度も拭き取ることも良くないんです。

なぜか?

それは皮膚の皮脂量が減少することで、皮脂腺が活発に活動し、さらなる皮脂分泌を行おうとするから。

その結果、皮脂が毛穴に詰まりやすい状態になり、新たな角栓の原因になってしまうからです。

それでは逆効果ですよね?

既に分泌された皮脂を取り除くのではなく、皮脂分泌量を減少させることの方が大事なんです。

いちご鼻を改善する生活習慣とは?

いちご鼻は生活習慣を改善することで、ある程度予防したり症状の改善を行うことができます。

実際にどんなことに注意して生活することが、いちご鼻の改善に効果的なのかを紹介します。

基本的なスキンケアはしっかり行う。

基本的なスキンケアを行わずして、いちご鼻を解消することはできません。

洗顔は必須ですし、その際にも泡洗顔で刺激を与えないこと。

さらにすすぎはしっかりと行って、洗い残し&すすぎ残しがないようにしましょう。

洗顔だけで角栓汚れを解消することはできませんが、まずはしっかりと洗顔をして、毛穴に詰まった皮脂汚れを取り除くことを心がけましょう。

保湿ケアはしっかり行う。

これもスキンケアの基本ですが、洗顔でキレイに汚れを落としたら、しっかり保湿。

保湿が甘いと、肌の乾燥から皮脂分泌が増えることもありますので、それが角栓ができる原因になることも。

お肌の状態に合わせた保湿ケアを徹底することが大切。

いつもと同じではなく、季節や肌トラブルの状態などに合わせてしっかりと行うようにしましょう。

6時間以上の睡眠時間は確保する

肌の状態を整える為には、しっかりターンオーバーを行うことが大事です。

その為にも、6時間以上の睡眠時間が必要。

質の高い睡眠を6時間取ることは、ホルモンバランスの正常化にもプラス効果があるので、肌の再生や皮脂分泌にもメリットがあります。

特に肌のゴールデンタイムの22時〜2時の間で、3時間熟睡することができると、より効果的なので睡眠時間も意識しましょう。

食事内容も野菜を中心にする

いちご鼻の原因である皮脂分泌には、食事で摂取した皮脂量も影響します。

どれだけスキンケアを徹底していても、過剰な皮脂を日々の食事で摂取していては、皮脂腺が活発に活動し、どんどん皮脂を分泌します。

角栓ができて、いちご鼻の原因になります。

特にいちご鼻が気になる人は、皮脂分泌の改善や皮膚によいビタミンB群を中心に摂取するのがおすすめ。

ストレスを溜めすぎないように注意する

ストレスを感じると、皮脂分泌を促進する男性ホルモンが増加し、ホルモンバランスが乱れる原因になります。

さらにストレスが肌の免疫力も低下させ、様々な肌トラブルを引き起こすきっかけに。

ストレスが溜まって皮脂分泌量が増え、肌が外部からの刺激に弱くなれば、毛穴が開いたり角栓が詰まりやすくなったりとデメリットばかり。

そうならないためにも過度なストレスを溜めすぎないこと、ストレスは適度に発散することも意識しておきましょう。

ビタミンC誘導体がいちご鼻の改善に効果的!

いちご鼻に関する様々な情報を紹介してきましたが、最も簡単にいちご鼻を原因から改善する方法は、ビタミンC誘導体配合化粧水を使用すること。

その際に大切なのは、APPS(アプレシエ)のビタミンC誘導体配合化粧水を選ぶことです。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCの肌への浸透力を高める為に作られた成分。

水溶性、脂溶性、両性という3つのタイプのビタミンC誘導体があり、それぞれで浸透力や効果、価格が大きく異なります。

ビタミンC誘導体の効果には、肌の角栓や古い角質の抑制や除去を促進する効果があり、さらに皮脂分泌量をコントロールすることが可能。

いちご鼻の一番最初のきっかけになる皮脂分泌量を抑制することができれば、いちご鼻の様々な原因を引き起こさずに済みます。

だから、ビタミンC誘導体配合化粧水が最も効果的。

イオン導入などの方法もありますが、そこまでデイリーケアで行うのは難しいと思います。

しかしAPPS(アプレシエ)のビタミンC誘導体なら、普通に化粧水で使うだけでも、イオン導入の5倍のビタミンCを肌の奥まで浸透させる浸透力があります。

普通に化粧水をつけるだけのケアなので、デイリーケアにもってこい。

私もAPPSタイプのビタミンC誘導体配合化粧水を使用して、皮脂分泌量が抑制され、毛穴の開きも改善して、いちご鼻がどんどん目立たない状態になってきました。

私もいちご鼻に対する効果は実証済なので、本当におすすめですよ。

実際にどんな商品を使っているのか?いちご鼻の原因やさらなる肌トラブルの状態を改善できる気になるビタミンC誘導体の効果などを紹介している記事があります。

あなたもいちご鼻や油脂肌で悩んでいるなら、ビタミンC誘導体配合化粧水に変えて、その効果を実感してみてください。

きっと気になるいちご鼻や毛穴の黒ずみが解消されますよ。