ビタミンCをイオン導入美顔器で肌の奥まで浸透させることで、非常に高い美肌効果を実感することができます。

しかし、イオン導入美顔器を使用しなくとも、ビタミンC誘導体配合化粧水を使用することで、同様の効果を得ることが可能。

ビタミンC誘導体にも様々な成分がありますが、より効果的なAPPSについて紹介します。

ビタミンCをイオン導入する効果とは?

ビタミンCは肌への様々な効果が期待できるものの、その浸透力が低く、普通に化粧水で使用した場合に、肌の真皮層まで届くことがないんです。

その結果、期待できるような効果を実感できないという状況に。

実際にビタミンCをイオン導入することで期待できる効果は、

  • コラーゲンの生成促進効果
  • シワやたるみの改善効果
  • 毛穴の引き締め効果
  • ニキビ痕の改善効果
  • メラニン色素の生成抑制&還元効果
  • エイジングケア効果

などなど非常に多岐にわたります。

その効果を実感する為には、ビタミンCを肌の真皮層まで浸透させる必要があるので、イオン導入という方法を用いるんです。

イオン導入美顔器の機能とは?

イオン導入美顔器は、微弱な電流を使って、肌の真皮層までビタミンCを浸透させる事ができます。

人間の肌は、角質層が酸性で陽イオンが多く、顆粒層はアルカリ性で陰イオンが多いという相反する特徴があり、これが外部からの様々な物質の侵入を妨害。

さらに角質層と顆粒層の間には電気の膜があり、この膜の影響で美容成分が角質層よりも内側に浸透することが出来ません。

しかし、イオン導入器が発する電流の影響で、角質層と顆粒層の性質が中性に傾くことで反発力が弱まり、ビタミンCなどの美容成分を浸透させることができます。

イオン導入美顔器を使用することで、手やコットンで肌に化粧水をつけるよりも、数十倍の浸透力があると言われています。

ビタミンC誘導体なら、イオン導入以上の効果がある

イオン導入美顔器を使用した場合、ビタミンCの浸透力が数十倍になるので、非常に効果的に感じます。

しかし、ビタミンC誘導体の中には、ビタミンC浸透力が通常の100倍や200倍という成分もあるので、その方がさらに効果的。

イオン導入美顔器を購入する必要もなく、毎日イオン導入する手間も不要なので、ビタミンC誘導体配合化粧水を活用するのが、非常におすすめのケア方法。

ビタミンC誘導体の中でも特に浸透力が高いのが、両性ビタミンC誘導体のAPPS(アプレシエ)とAPIS。

APPSとAPISの違いは、APPSがビタミンCに変換されるのに2つの酵素が必要なのに対し、APISは1つの酵素でできるところです。

だから2倍の浸透力がAPISにはあるという事ができます。

でもAPISは非常に値段が高く、現時点では、APPSのおよそ3倍程度とデイリーケアに使うには少しハードルが高いんです。

それとまだまだ新しい美容成分のため、その安全性を十分に確認出来ていないという特徴もあります。

ビタミンC誘導体に期待できる効果とは?

いずれにしても、ビタミンC配合の化粧水を使用するなら、ビタミンC誘導体配合化粧水にするのがベターでしょう。

イオン導入しなくとも、イオン導入以上の効果があり、さらにビタミンC誘導体もイオン導入することができるという特徴も。

ビタミンC誘導体配合化粧水に期待できる効果は、

  • 肌の抗酸化作用
  • コラーゲンの生成促進
  • メラミンを還元して色素沈着を予防する美白効果
  • 免疫力を高め、肌を滑らかにする効果
  • 新陳代謝を促進し、ターンオーバーの正常化
  • 皮脂分泌をコントロールし、皮脂代謝の促進

それらを普通に化粧水を使うだけで得られるので、ここ数年はビタミンC誘導体配合化粧水がどんどん増えています。

その中でも特に話題なのが、 APPS配合のサイクルプラスのエンリッチローション。

これ私も使っていますが、本当にすごい効果があります。

特に嬉しかった点は2点、肌がワントーン明るくなったことと、ほほのたるみ毛穴が目立たなくなったこと。

このふたつの効果が、毎日のスキンケアで得られたので、非常に効果的だと実感しています。

APPS配合の化粧水は他にも多数ありますので、あなたの肌質にあったもので、コスパの良い商品が見つかると良いですね。

ビタミンC誘導体はイオン導入に向いた成分

ビタミンC誘導体は普通に使用するだけでも、肌の真皮層まで浸透しますが、そんなビタミンC誘導体をイオン導入することも可能です。

しかもビタミンC誘導体は、イオン導入をすると、さらに大量に肌の奥まで浸透します。

実はビタミンC誘導体は、陰イオンを帯びていますので、イオン導入美顔器の陰イオンに反発し、肌の奥深くに逃げていこうとします。

つまり、どんどん肌の奥に押し込まれていくんです。だからよりしっかり浸透させることもできます。

ただビタミンC誘導体でも油脂性のビタミンC誘導体の場合、イオン導入に向きませんので、水溶性のビタミンC誘導体だけにしましょう。

ビタミンC誘導体には、 水溶性のビタミンC誘導体・油脂性のビタミンC誘導体・両性のビタミンC誘導体がありますので、何を使用するのかでイオン導入を検討すると良いでしょう。

水溶性のビタミンC誘導体も油脂性のビタミンC誘導体もAPPSやAPISほどの浸透力がないので、イオン導入の力を借りるというのは、非常に効果的なケア方法ですよ。

ビタミンC誘導体の効果や効能をこの記事でより詳しく紹介していますので、ぜひ読んでみてください。