リニューアル後のメディパラソルには、ニュートロックスサンが配合されていないので、紫外線対策効果なしと感じている人も多いかも。

実際にリニューアル後のメディパラソルがデメリットだらけで、効果なしの飲む日焼け止めサプリメントになってしまったのか?

新たに配合された成分の情報も紹介しながら、メディパラソルの日焼けや美白に対する効果を徹底検証します。

リニューアル後のメディパラソルは効果なしの飲む日焼け止めサプリメント?

2017年6月頃に、メディパラソルがリニューアルされたのを知っている人も多いと思います。

以前のメディパラソルは、ニュートロックスサン配合の最安値の飲む日焼け止めサプリメントとして非常に人気でしたが、リニューアル後の商品にはニュートロックスサンが配合されていません。

その代わり、ポマノックスとライコピーズ、オリベックスが追加され、より日本人の身体に特化した有効成分の組み合わせに変化しています。

どんな成分が配合されても、ニュートロックスサンではないと飲む日焼け止めサプリメントとしての効果を実感できないと思っている人には、残念なリニューアルですよね?

しかし、メディパラソルの販売元の悠悠館が、ニュートロックスサンから地中海産植物性ポリフェノール(MBP)に成分を変えたのは、意味がある話。

ポマノックスにも、ライコピーズにも、オリベックスにも・・・非常に優れた抗酸化作用があり、それが日本人の体質や身体にも合っているから。

だから有効成分のニュートロックスサンよりも、効果が高いと判断して、地中海産植物性ポリフェノールを主成分にする判断を行っているわけです。

ニュートロックスサンの代わりに配合されている、「レッドオレンジコンプレックス」は、次世代の飲む日焼け止めサプリメントの主成分とも言われる成分。

だからニュートロックスサンが廃合されていないリニューアル後のメディパラソルだから、日焼け対策効果なしというのは、考えにくい話です。

メディパラソルのポマノックスの抗酸化作用とは?

メディパラソルに新配合されたポマノックスとは、スペイン産のザクロの果実部分にのみ存在する特別なポリフェノールのプニカラジンのこと。

これを独自の手法で抽出した、日本の会社エヌシーコーポレーションの独自特許成分。

エヌシーコーポレーションの実験では、酸化ストレスマーカーのMDAとDNA損傷マーカーの8-OHdGの減少が確認され、さらにグルタチオンペルオキシダーゼという抗酸化物質の増加も確認。

知名度こそ低いものの、その有効性の高さはすでに実証済で、国内のメーカーが製造販売している抗酸化物質なので、非常に安心して使用することができます。

メディパラソルのライコピーズの抗酸化作用とは?

メディパラソルに新配合されたライコピーズとは、イスラエル産のリコピンリッチトマトを原料にすることで、通常の5倍濃度で抽出されたリコピンのこと。

リコピンには、アスタキサンチンやルテインよりも優れた抗酸化作用があることが確認されており、カゴメの実験でも即効性の高さが確認されている成分。

通常のリコピンよりも高濃度のライコピーズなら、より優れた抗酸化作用を発揮し、紫外線対策効果が高まるのもわかると思います。

リコピンは、ビタミンEと組み合わせることで、その抗酸化作用が高まることが確認されている有効成分。

地中海産植物性ポリフェノールを豊富に含んだメディパラソルなら、ビタミンEもしっかり廃合されていますので、より早いタイミングでその効果を実感できます。

メディパラソルのオリベックスの抗酸化作用とは?

メディパラソルに新配合されたオリベックスとは、厳選された南フランスの新鮮なオリーブを種まで圧搾することで、抽出された有効成分。

オリーブのポリフェノールのヒドロキシチロソールと、グルタチオンを増やすチロソールの組み合わせが、オリベックス。

オリベックスのヒドロキシチロソールには、ビタミンCの10倍もの抗酸化作用があることがわかっており、非常に優れた抗酸化作用を発揮。

さらに肌の水分量の増加や、色素沈着の減少など、非常に優れた効果が認められている有効成分ですので、美肌効果や美白効果が期待できるのも納得。

ニュートロックスサンの代わりのレッドオレンジコンプレックスとは?

リニューアル後のメディパラソルの主成分は、ニュートロックスサンからレッドオレンジコンプレックスに変更されました。

このレッドオレンジコンプレックスも、ポマノックスのエヌシーコーポレーションの独自特許成分。

南イタリアシチリア島特産の3種類(モロ、サンギネロ、タロッコ)のブラッドオレンジから抽出された、アントシアニン・ヒドロキシケイ皮酸・アスコルビン酸・フラバノンの組み合わせ。

これらの成分の相乗効果で、紫外線に関する様々なデータが豊富に存在している成分。

抗酸化作用を示す、血漿中チオール基が増加し、血漿中の皮脂過酸化量が低下するなど、体内の抗酸化作用が高まることが確認されています。

さらに日焼けによる紅班生成強度が約2週間で3割以上も上昇することが確認されている、即効性の高い紫外線対策成分で、即効性の高さはニュートロックスサン以上。

リニューアル後のメディパラソルは効果なし?

ここまで紹介すると、メディパラソルの販売元の悠悠館がなぜニュートロックスサンから、地中海産植物性ポリフェノール(MBP)に有効成分を切り替えたのかがわかってきます。

シトラスとローズマリーのポリフェノールの組み合わせだけのニュートロックスサンよりも、4つの有効成分の組み合わせのMBPの方が、優れた抗酸化作用が期待できる。

しかも即効性の高さも加わり、これからの時期の紫外線対策にもすぐに効果を実感しやすい特徴が。

ニュートロックスサンではできないことできる。だから、地中海産植物性ポリフェノールを組み合わせることが最適だったんです。

実際に私もメディパラソルを愛用していますが、リニューアル後の商品でも効果なしという感じはしませんし、リニューアル後の商品はより良くなったと実感しています。

実際に飲む日焼け止めサプリメントのメディパラソルの情報、そのたのおすすめ商品、効果的な飲み方やメリットやデメリットをまとめている記事があります。

この記事を読むと、飲む日焼け止めサプリメントをどう選び、どう活用すればよいのかが分かりますので、2017年の紫外線対策に役立つと思いますよ。