抗酸化作用の効果が話題のビタミンC誘導体。

その美白効果やスキンケア効果は、本当に凄いのでしょうか?

気になる抗酸化作用や美肌効果など、ビタミンC誘導体のスキンケア効果を紹介します。

抗酸化作用とは?実際にどんな効果がある成分のことなのか。

抗酸化作用を簡単に説明すると、酸化を抑制する効果のことで、人間の身体も普段の生活で酸化するので、それを予防してくれる効果。

実は酸素を体内に取り込んでエネルギーを作る際に、酸素の一部が活性酸素になり、それが増えすぎることで、正常な細胞にダメージを与えてしまいます。

活性酸素は適量なら、細菌を排除する生きていくために必要なもの。

しかし増えすぎた活性酸素は、全く逆効果になりシワやシミの原因や、生活習慣病や動脈硬化などの原因になります。

だからこそ、スキンケアで言えば、この活性酸素を除去する抗酸化作用のある成分が含まれている化粧水や、乳液などを活用することが大切。

抗酸化作用によるアンチエイジング効果とは?

抗酸化作用で最も女性がうれしいのが、アンチエイジング効果ではないでしょうか?

肌のシミが増えたり、濃くなったり、肌のシワが深くなったり・・・加齢とともに様々な肌トラブルが増えてきます。

その原因のひとつが肌の酸化によるもの。

抗酸化作用の含まれている食事を食べていなかったり、活性酸素が増えるような生活習慣を繰り返していたりすると、肌の老化がどんどん進んでいきます。

抗酸化作用がある食べ物を食べるようにしたり、抗酸化作用のある美容成分が配合されたスキンケア商品を活用するのが基本。

食事なら、カロチンを多く含む緑黄色野菜や、柑橘類に含まれるビタミン類、緑茶のカテキンやトマトのリコピンなどを積極的に摂取することが大事。

さらに新型ビタミンC誘導体などの、抗酸化作用が優れている美容成分を配合したスキンケア商品で、しっかりケアしていきましょう。

ビタミンCは食事では摂取しきれない

ビタミンCに抗酸化作用があることは、多くの人が知っている話だと思いますが、ビタミンCは食事だけでは充分な量を摂取しきれないんです。

それがビタミンCの性質による影響を受けるから。

口から摂取したビタミンCは、水様性のために尿と一緒に体外に排出されてしまい、体内に長く留まってくれません。

さらに、1日の必要摂取量が100㎎。

でもレモン1個で摂取できる量は僅か20㎎です。

さらに加熱調理を行うことで、消失してしまうので、実は大量に野菜を食べていても、調理方法次第では十分に摂取できていないということもあります。

だから抗酸化作用を最大化して、エイジングケアをするという意味でも、ビタミンC誘導体を配合した化粧品などを活用することが必要。

ビタミンC誘導体は浸透力が凄い!

抗酸化作用の高いビタミンCには、安定性が低く、浸透力が弱いというデメリットがあります。

だからビタミンCの効果をスキンケアに活用する為にビタミンC誘導体という成分に変化させる必要があるんです。

ビタミンCをビタミンC誘導体にすることで、

  • 角質層までの浸透力が高まる
  • 抗酸化作用がしっかり働くようになる
  • 持続性や安定性が高まる

このようなメリットがありますが、実はビタミンC誘導体にも様々な成分があり、どのビタミンC誘導体を選ぶのか?ということによって状況が変わります。

ビタミンC誘導体の種類による効果の違いとは?

  • 水溶性ビタミンC誘導体

ビタミンCの浸透力は通常の8倍で、ニキビに効果的で美白効果も優れています。

さらに持続時間が12時間と、長時間効果が持続するのが特徴。

しかし、紫外線に弱かったり、刺激が強かったり、乾燥しやすいなどのデメリットも。

  • 脂溶性ビタミンC誘導体

ビタミンCの浸透力は通常の20〜30倍で、肌への刺激が少なく、敏感肌でも乾燥肌でも使えます。

さらに持続時間は24時間と、非常に長時間効果が持続します。

しかし、即効性が低く、紫外線に弱いというデメリットも。

  • 新型ビタミンC誘導体

ビタミンCの浸透力は通常の100倍で、即効性が高く、肌なじみが優れています。

さらに刺激が少ないという特徴もありますが、多少値段が高いというデメリットも。

新型ビタミンC誘導体には、APPS(アプレシエ)とAPISがありますが、APPSが効果とコスパのバランス的にもおすすめ

メラニンの還元効果がビタミンC誘導体の特徴!

ビタミンC誘導体以外にも、シミやそばかすを改善できる美白効果がある美容成分がありますが、ビタミンC誘導体だけの効果があるんです。

それがメラニンの還元効果。

実は様々な美白効果がある成分の中で、メラニンの還元効果があるのは、ビタミンC誘導体だけ。

黒色メラニンを無色メラニンに変化させることができるんです。

これこそが、ビタミンC誘導体をエイジングケアに活用すべき理由のひとつ。

メラニン色素の生成を抑制する抗酸化作用がありますが、それ以上に特出すべき効果なので、普段のスキンケアには、ビタミンC誘導体配合化粧水を活用しましょう。

ビタミンC誘導体の効果や効能、おすすめのビタミンC誘導体配合化粧水の情報などをまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください。