メビウス製薬のシミウスジェルは、マッサージなしでは、美白効果を実感できないのでしょうか。

オールインワンジェルでも薬用成分が配合されているのに、マッサージを推奨している理由とは?

気になるシミウスのホワイトニングリフトケアジェルの本当の効果を解説します。

シミウスジェルはマッサージなしでは効果がないのか?

シミウスのホワイトニングリフトケアジェルには、厚生労働省も美白効果を認めたプラセンタエキスが配合されています。

だから、シミウスのオールインワンジェルを使用する際には、マッサージをしなくとも美白効果を実感することはできます。

でもメビウス製薬では、シミウスを使用する際に、マッサージを推奨しているのはなぜなのか?

シミウス購入時についてくる冊子に書かれていること、私なりの見解を紹介します。

マッサージが有効成分の浸透力をアップする

シミウスジェルは、肌にのせただけでは浸透しないですよね?

マッサージではなくとも、肌の上で広げてハンドプレスで押し込んでいくことで、シミウスジェルが肌の中に浸透していきます。

その際にマッサージを追加することで、単なるハンドプレスよりもより広範囲に奥まで浸透させることができるので、シミウスジェルの効果を最大化できます。

シミウスジェルで効果を実感できない人の口コミには、全く入っていかないというものが多いんです。

そういった点を考えると、有効成分の浸透力を高めるためというのが、マッサージを推奨しているひとつ目の理由。

マッサージを行うことで、ターンオーバーを促進する

シミウスジェルで推奨されている美白マッサージでは、表情筋をリンパをほぐすことで、決行を促進し、肌のターンオーバーを促進する効果が期待できます。

ターンオーバーの促進や正常化は、プラセンタエキスの効果をより高める方法のひとつで、シミやそばかすの排出には欠かせない点。

既にできているシミは、ある瞬間に消えるのではなく、何層もの肌に影響を与えているものです。

1枚1枚、既にシミやそばかすができている層を剥がしていくことが必要。

その為にも、マッサージを行うことでターンオーバーの促進、正常化を通じて、シミウスの美白効果を高めていこうというものです。

シミウスに美白効果があるとは言え、誰でも少しでも早いタイミングで、シミやそばかすを解消したいですよね?

そんな時にマッサージを行うことが本当に効果的に作用するんです。

シミウスの美白マッサージとは?

シミウスの美白マッサージですが、簡単な方は全部で4工程しかなく、慣れてくると1分ほどでできてしまう非常に簡単な方法。

実際に行うマッサージは、

  1. リンパ節をほぐす
  2. 頬の下の筋肉をほぐす
  3. 顔全体を流す
  4. 鎖骨に流す

たったこれだけのことなんです。実際にどのように行うかを紹介すると

  • リンパ節をほぐす

老廃物を流しやすくするために、耳の下の凹んだ部分(耳下線リンパ節)を10秒ほどグリグリと板気持ち良い強さでほぐします。

最初は痛みを感じるかもしれませんが、イタ気持ちよい強さでしっかりほぐすことが大切。

  • 頬の下の筋肉をほぐす

グーにした手の第二関節を使って、頬の奥の筋肉をほぐします。凝り固まりやすい部分なので、ここでもイタ気持ちよい強さが理想的。

頬骨の下にぐっと入れ込むようなイメージで行いましょう。

  • 顔全体を流す

指の腹の部分を使って、顔全体を中心から外側に向かって流します。その際にあご、唇、小鼻の3箇所から外に向かって流すようにポイントを意識しましょう。

外側に流した後には、顔の筋肉を手のひら全体でこめかみに向かって引き上げ、最後に耳下腺リンパ節に向かって流します。

  • 鎖骨に流す

耳下腺リンパ節まで流したら、鎖骨のリンパ節に向かって指先を使って撫で下ろします。その際に鎖骨のツボを3箇所刺激します。

左側は右手、右側は左手など反対の手を使うと簡単にできます。

これだけのことなので、初心者でもメビウス製薬の推奨するシミウスの美白効果を高めるマッサージは、すぐに誰にでも実践できます。

このマッサージを続けることが、シミウスの効果を最大化して、シミやそばかす、くすみの解消、リフトアップ効果などを実感することに。

有効成分の効果がさらに高まり、加齢とともに長くなったターンオーバー周期の改善にも役立つマッサージ方法なので、ぜひ実践してみてくださいね。

シミウスを私も愛用していますので、シミウスの効果や効能、実際にどのような成分が配合されているのかなどをまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください。