みかん肌の目立つ毛穴って、なかなか改善しないと嘆いていませんか?

みかん肌の改善には、ビタミンC誘導体配合化粧水が効果的で、今選ぶなら間違いなく最新型のビタミンC誘導体。

皮脂分泌抑制効果が凄く、保湿力も高いので本当に効果的にみかん肌を改善出来ますよ!

ぽっかり毛穴が目立つみかん肌の原因とは?

思春期ニキビがようやく落ち着いたと思ったら、既にみかん肌に突入していた。

その後、どのようなケアを行っても、みかん肌の状態が改善することなく、このまま一生付き合って行かないといけないのかな?

なんて思っているあなた。是非、最後まで読んで下さい。

みかん肌の効果的な改善方法を紹介していますが、その前に。

なぜ、みかん肌になってしまったのでしょうか?もしかして、ニキビだけがみかん肌の原因だと思っていませんか?

実はみかん肌になるには、3つの原因が考えられるんです。

  • ニキビ跡のクレーターが原因のみかん肌
  • アトピーや炎症が傷跡になったみかん肌
  • 毛穴の開きや詰まりで肌荒れが原因のみかん肌

それぞれの原因について、もう少しだけ詳しく解説しますので、チェックしてみてください。

ニキビ跡のクレーターが原因のみかん肌とは?

みかん肌の原因として最も多いのが、ニキビやニキビ跡が原因になっているみかん肌。

ニキビができ悪化すると、毛穴の中に大量の膿がたまり、それが肌を何日間も圧迫することに。

そうすると、その部分には陥没グセがついてしまい、ニキビが治ってもニキビ跡が陥没したままの状態になり、クレーター状になって目立ちます。

そうなる前に先に対処しようと、ニキビを潰してしまうのも逆効果。

その刺激が肌にとってはダメージになり、より大きなクレーターに成長させることにつながります。

新しいニキビができる度に、どんどん肌にはダメージが蓄積され、クレーターの範囲が広がり最終的に目立つみかん肌に。

さらに残念なことに、ニキビが原因でできたみかん肌は、非常に改善しづらいという特徴がありますので、ニキビを作らないこと、悪化させないことが大切です。

アトピーや炎症が傷跡になったみかん肌とは?

アトピーによる肌荒れや炎症なども、みかん肌になる原因のひとつ。

アトピーや炎症を原因とするみかん肌の場合には、かなり広範囲に及ぶことや陥没の度合いが強く、非常に目立つタイプのみかん肌になる傾向があります。

アトピーや炎症によるみかん肌も、ニキビ跡のように肌にできた傷跡が残って表面化したもの。

特にアトピーの症状を持っていると、何度もこの肌のダメージと回復が繰り返され、どんどん傷跡が深くなっていきます。

このタイプのみかん肌の人は、肌荒れしやすく、洗顔料や化粧水も肌に合いにくく、かなり症状を改善するのが難しいんです。

ほとんどの場合、一生残るような傷跡として、顔にダメージが刻まれている事が多いように思います。

毛穴の開きや詰まりで肌荒れが原因のみかん肌とは?

過剰な皮脂分泌が行われていたり、洗顔が不十分で毛穴に残った皮脂をしっかり洗い流していなかったり。

皮脂が毛穴に残った状態が続くと、それが角栓になり、毛穴に残っている時間が経過すると、最初は白かった角栓もどんどん黒ずんで目立ってきます。

毛穴に角栓が長期間詰まった状態が続けば、ニキビのときと同じように、肌にじわじわと内側からダメージを蓄積することに。

その結果、肌全体がデコボコになりみかん肌に。

日々の洗顔は当然ですが、角栓が目立つような場合には、洗顔料を変更したり、角栓を取ってくれるようなアイテムを使用するなど、基本的なスキンケアが大事。

スキンケアで予防できるのが、このタイプのみかん肌。

悪化させると将来的に肌のことで悩むことになるので、早めにしっかりスキンケアを行う事が必須です。

みかん肌の間違いケア、NGなみかん肌対策を紹介!

みかん肌の原因を3つほど紹介しましたが、既にみかん肌に悩んで、その改善方法を探しに来たという人がほとんどでしょう。

効果的なみかん肌のケア方法を紹介する前に、やりがちな間違ったみかん肌ケアの情報を紹介します。

間違いケアなのに、多くのみかん肌に悩む人がやってしまっているものばかり。

もしこれらの方法で、みかん肌が改善すると考えているのなら、今すぐに止めてくださいね。

毛穴パックやオイルクレンジングでのみかん肌ケア

みかん肌の原因のひとつに、毛穴に詰まった角栓がありますが、それを取り除こうと毛穴パックやオイルクレンジングを多用することは間違いです。

毛穴パックで強引に角栓を取り除いても、角栓がそこからいなくなるだけで、毛穴が閉じるわけでもなく、また皮脂分泌の結果、新たな角栓ができるだけです。

しかも毛穴パックを使うと、肌の表皮まで剥がしてしまうこともあるので、肌にはダメージ。

みかん肌を改善するどころか、肌トラブルの原因を自分で作ってしまうようなものですので、できるだけ行わないようにしましょう。

肌断食で肌本来の力を取り戻すみかん肌ケア

少し前に流行った肌断食。

すぐに効果が出るものでもなく、途中で肌荒れしてしまうので、多くの人が挫折したスキンケア方法です。

肌断食を行うことで、保湿不足の肌ではどんどん皮脂分泌が行われます。

過剰な皮脂分泌は角栓の原因になり、毛穴のつまりの原因にも。

みかん肌を改善するどころか、新たな目立つ毛穴を作ってしまいますので、これもみかん肌のケア方法としては、間違っています。

蒸しタオルと氷水洗顔で毛穴を閉じるみかん肌ケア

蒸しタオルで毛穴をひらくのは、なんとなくイメージが付くかもしれませんが、蒸しタオルを使ったからと行って、毛穴が完全にひらくわけでもありません。

さらに開いた毛穴を閉じるために、氷水洗顔で洗顔を行う。

これは無意味です。どれだけ寒い思いをしても、毛穴が閉じるのは一瞬、すぐにもとに戻ってしまいます。

もし締まった毛穴が開かないのなら、顔の皮膚の表面温度がずっと低下しているということになりますが、そんなことはありませんよね?

人間は常温動物なので、一瞬表面温度が下がっても、すぐにもとの温度まで戻るように出来ていますので、そこまでの効果はないのが実際の話。

みかん肌の原因を新型ビタミンC誘導体が改善する!

お待たせしました、皆さんが一番心待ちにしていたであろう。みかん肌の改善に効果的な新型ビタミンC誘導体の話です。

ビタミンC誘導体にも新型っていうのがあるんです。

従来のビタミンC誘導体は、

  • 水溶性ビタミンC誘導体:短期間で吸収されるため、即効性が高い
  • 油溶性ビタミンC誘導体:浸透力が高く、吸収率が高い

というものでしたが、新型ビタミンC誘導体は、両方の性質を兼ね備えているので、より効果的にみかん肌の改善に役立ちます。

新型ビタミンC誘導体のみかん肌への効果とは?

新型ビタミンC誘導体としては、APPS(アプレシエ)が最も人気の美容成分です。

水溶性ビタミンC誘導体の100倍の浸透力で、真皮層までしっかりとビタミンCを届けてくれます。

これはイオン導入の5倍もの浸透力があるので、ハンドプレスだけのデイリーケアで、肌の奥深くまでビタミンCが届くことに。

みかん肌の原因のニキビや角栓を作るのは、皮脂の過剰分泌。

実は新型ビタミンC誘導体配合化粧水を使用することで、皮脂分泌を抑制でき、ニキビも角栓もできにくい肌へと変化し、新たなみかん肌の出現を抑制してくれます。

さらに既にできてしまっているみかん肌には、

  • コラーゲンの生成作用で肌のハリや弾力が復活
  • セラミドの生成作用で肌の保湿力が改善
  • 美白効果で色素沈着を解消し、ニキビ跡を改善
  • ターンオーバー正常化で、ニキビ跡を改善

このような効果が期待でき、みかん肌の原因を解消しつつ、その状態も改善できます。

みかん肌もしっかりケアをすれば改善する

みかん肌はしっかりとケアをしなければ、一生改善することがない症状です。

しかしその反面、しっかりとケアを継続することで、症状の改善ができる事もわかっています。

肌の内側にしっかりと美容成分を届け、肌が持っている正常化作用を最大化させることが基本で、その際に役立つのが新型ビタミンC誘導体です。

様々な商品が新型ビタミンC誘導体でも販売されていますが、私がおすすめしているのが「サイクルプラス エンリッチローション」。

これは新型ビタミンC誘導体でも、常温保存が可能な2剤式の珍しいタイプ。

しかもエイジングケア成分や、様々な美容成分を追加配合していることで、みかん肌の改善に非常に効果的。

私の書いたレビューがこちら。

ビタミンC誘導体という美容成分について、もう少し詳しくその情報を知りたい。水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体、新型ビタミンC誘導体の違いは?

などなど、ビタミンC誘導体の成分や効果について、もう少し詳しい情報を知りたい方には、ビタミンC誘導体についてまとめたこの記事が役立つと思います。

最近、注目が集まっている美容成分のビタミンC誘導体の情報はこちら。

様々な美容効果が期待できるのが、ビタミンC誘導体の特徴ですので、本当に知っておくと便利ですよ!