ビタミンC誘導体配合化粧水でも、低刺激な成分として最新のAPPS(アプレシエ)が話題になっているのを知っていますか?

水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体、その両方の良いとこ取りである高浸透型ビタミンC誘導体が、APPSなんです。

実際にどの程度の効果が期待できるものなのか?他のビタミンC誘導体と比較して低刺激な理由はどこにあるのかなど、美容成分としてのAPPSの効果を紹介します。

ビタミンC誘導体にも低刺激なものと刺激の強いタイプがある

ビタミンCと言えば、刺激成分だということもあり、敏感肌や乾燥肌の人、肌が敏感になっている時期にはスキンケアに使用できないと思っている人がほとんどだと思います。

確かにピュアビタミンや数年前までのビタミンC誘導体は、完全な刺激成分

しかしビタミンC誘導体でもAPPS(アプレシエ)なら、低刺激な理由があるんです。

そもそも、ピュアビタミンやビタミンC誘導体は、刺激成分なのに高濃度にしないとその効果が実感できず、5%濃度とかそれ以上の高濃度で配合し、その効果を実感できるように考えられていました。

しかし最新のビタミンC誘導体であるAPPSは、低濃度1%以下でもビタミンCの効果を実感できるように考えられた美容成分なので、低刺激で敏感肌でも乾燥肌でもピリピリしにくい。

だからここ最近、APPS配合化粧水が爆発的に増え、多くの女性がスキンケアに活用する用になってきたんです。

でもなぜAPPSは、低濃度でも効果が実感できるのでしょうか?それを知ることで、最強のビタミンC誘導体と言われる理由も分かるでしょう。

低刺激なビタミンC誘導体のAPPSってどんな美容成分?

APPSとは、リン酸型ビタミンC誘導体に、パルミチン酸を結合させたもの。

リン酸型ビタミンC誘導体とは、水溶性ビタミンC誘導体のことで、パルミチン酸とは親油性のある成分。

つまり水と油の性質が共存するタイプのビタミンC誘導体なんです。

だから肌のバリア機能を通過し、ラメラ構造も通過でき、角質層を超えてその浸透力は、真皮層まで届くレベル。

肌のバリア機能とは、親油性の性質がないと通過できないので、単なる水溶性ビタミンC誘導体だと、この時点でかなり大変な状況に。

さらにラメラ構造とは。水分と油分で構成されている網の目状の構造体なので、こちらも水溶性ビタミンC誘導体や油溶性ビタミンC誘導体だけでは、通貨が難しい難所。

だからビタミンCを肌の奥深くまで浸透させる為には、イオン導入のような形で強制的に浸透させるしかなかったんです。

しかしAPPSには、水溶性ビタミンC誘導体というベースに、親油性の性質が加わることで、ハンドプレスのスキンケアで、イオン導入と同じレベルまで浸透させる事が可能。

その結果、1%濃度でも十分に効果を発揮することができるので、低刺激で肌の状態を問わずに、使用できることに。

APPSは万能な美容成分なので、どんな化粧品にも配合可能

APPS(アプレシエ)の良いところは、水溶性と油溶性の両方の性質を持っていることで、配合可能な化粧品に制限がないという点も。

水溶性ビタミンC誘導体なら、化粧水に配合されるのが基本で、油溶性ビタミンC誘導体なら、美容液やクリームに配合されるのが基本。

しかし両方の性質を持っているので、化粧、乳液、洗顔料、日焼け止め、パック・・・などどのような化粧品にも配合でき、その優れた効果を実感することが可能なんです。

さらに表皮層や真皮層の両方で効果を持続的に発揮できることもあり、活性酸素の除去効果やコラーゲンやエラスチンの産生促進効果など、年齢肌のトラブルに直接作用し、エイジングケア効果も期待できます。

そういったこともあり、ここ最近は美容クリニックでもAPPSタイプのビタミンC誘導体を積極的にスキンケアに活用する傾向が。

ケミカルピーリングなどどAPPSを併用する美容メニューを用意しているところも多く、実際に勧められたことがある人も多いのではないでしょうか。

ここまで万能な美容成分であるビタミンC誘導体には、デメリットはないのでしょうか?

APPSの唯一のデメリットは、保存と消費期限

話題の美容成分であるAPPS(アプレシエ)ですが、唯一のデメリットともいえる部分が、保存や消費期限に関すること。

高温多湿などの状態が続くと、ビタミンCが酸化して、その効果を実感できなくなります。

だから大手美容メーカーの化粧品には、APPSタイプではなく、水溶性ビタミンC誘導体を採用したものが多いんです。

これは大量生産をすることで、長期保存が必要になるから。

だから雪肌精などの有名で高価格帯の化粧水にも、APPSではなく、普通の水溶性ビタミンC誘導体が配合されています。

ここを知らずして、ビタミンC誘導体という言葉だけに反応して購入すると、APPSの様な効果を実感できず、高濃度で刺激を感じるなんてことも。

ビタミンC誘導体ではなく、APPS(アプレシエ)タイプのビタミンC誘導体なのかをしっかりチェックすることが大切。

低刺激なAPPSでもエンリッチローションが最もおすすめ

APPS配合化粧水にも多くの商品がありますが、私がおすすめするのが低刺激なエンリッチローション。

サイクルプラスというブランドのAPPS配合化粧水で、デメリットの保存や消費期限にも十分に配慮されたもの。

中小メーカーの化粧水ですが、2剤式という画期的な方法を採用することで、最も新鮮な状態で活用することができるビタミンC誘導体配合化粧水。

通常のビタミンC誘導体配合化粧水は、予め化粧水の中にAPPSが溶かされた状態で製造&販売されていますよね?

しかしエンリッチローションは2剤式なので、ローションとAPPSパウダーが別になっています。

それを使用開始時に混ぜ合わせるので、最も新鮮な状態で使用することができ、1ヶ月の使用期限で使えば、酸化して効果がなくなるということもなく、APPSの優れた効果を実感できます。

実際に私もエンリッチローションを使用していますので、その効果の高さはよくわかっていますが、毎日のスキンケアがイオン導入と同じレベルでできるので非常に効果的。

しかも配合成分にもこだわっているので、低刺激なのも嬉しいポイントですし、エイジングケア効果の期待できる美容成分も配合されており、年齢肌の悩みにも効果的。

エンリッチローションの使用感や感想、配合成分や口コミなどをまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください。

ビタミンC誘導体やピュアビタミンCが刺激物だと思っている人でも、エンリッチローションなら低刺激なのに効果的なので、本当におすすめです。

ビタミンC誘導体の違いやビタミンC誘導体という美容成分について、もう少し詳しい情報を知りたい人には、こちらの記事がおすすめ。

ビタミンC誘導体に関する情報をまとめていますので、美容成分としてのビタミンC誘導体の魅力や特徴、効果などが詳しくわかりますよ。