レチノール美容液とビタミンC誘導体を比較した場合、より効果が高く有効的な美容成分はどちらでしょうか。

それぞれの美容成分に期待できる効果や特徴、副作用などの有無について紹介します。

実際にエイジングケアに向きの美容成分として、評価や評判が高いのはどちらなのでしょうか。

レチノールの効果と特徴は?

レチノールとは人体に存在するビタミンAの一種で、最近ではエイジングケア化粧品の美容成分としても注目されています。

レチノールを含むビタミンAに期待できる効果としては、皮膚や粘膜を健康に保つ効果や視神経などを改善する効果、動脈硬化を予防する効果などが期待できます。

美容成分としてのレチノールは、ビタミンAの持つ、皮膚に対する効果を期待して、化粧品などに配合されるようになったわけです。

レチノールが肌の基底層に到達すると、酵素の働きでレチナールに変化し、さらにレチノイン酸に変化することで、ターンオーバーを活性化。

レチノイン酸に変わったレチノールは、線維芽細胞に作用して、コラーゲンやエラスチンの産生を促進し、皮脂分泌抑制効果も発揮します。

エイジングケア成分として、注目されているレチノールの効果を少し詳しく解説します。

レチノールのターンオーバー活性化効果とは?

レチノールのターンオーバーの促進効果は、ターンオーバーが遅くなっている年齢肌には効果的に作用しますが、その働きは比較的、緩徐なものだと考えた方が良いんです。

即効性のある美容成分ではありませんが、ターンオーバーを促進し、各室内の細胞を表皮に押し上げますので、シミやくすみの改善に役立ちます。

ただターンオーバーが早くなっている場合、特に敏感肌の人の肌の状態によっては、レチノール美容液を使うことで逆効果になることも。

レチノールのコラーゲン産生効果とは?

レチノールがレチノイン酸に変化することで、線維芽細胞を刺激して活性化します。

その結果、コラーゲンやエラスチンの産生にも役立つ効果が期待できますので、肌のハリやツヤを改善する効果も。

しかし真皮じわやほうれい線、たるみのような状態に関しては、改善効果が望めません。

レチノールの気になる副作用とは?

化粧品に配合されているレチノールの濃度は、0.1%以下のものがほとんどですが、実は刺激成分。

使用指示にぴりっとした感じがあったり、赤みや肌荒れの原因になることもあります。

さらに紫外線に対して不安定な特徴もあるので、日焼け対策をしっかり行うか、夜間の使用だけに制限するなどの工夫が必要で。

肌の状態や季節の変わり目、体調などによってもレチノールの副作用が強くでてしまうこともあるので、使用時には必ずパッチテストを行うことが推奨されています。

レチノールではなく、レチノイン酸はだめなのか?

レチノールがレチナールに変化し、レチノイン酸に変わることでエイジングケア効果を実感できるのであれば、最初からレチノイン酸配合の化粧品を使えばよいのでは?

と考えられますが、レチノイン酸は医薬品。

効果が強い反面、副作用も強く出るので、皮膚科などで医師の診察を受けながらでないと使うことができない成分です。

レチノイン酸はトレチノインという医薬品で販売されており、非常に強いターンオーバー促進作用があります。

その効果は無理やり肌をターンオーバーさせてしまうものなので、刺激が強すぎて肌荒れのリスクが非常に高いんです。

だから美容成分ではなく、医薬品。

そのため美容成分に含まれているレチナールは、低濃度で効果が低く、副作用が少ない状態に調整されているというのが、実際の姿なんです。

ビタミンC誘導体の効果と特徴とは?

レチナールと同じようにエイジングケアが期待できる美容成分がビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体にも幾つかの種類がありますが、この記事では新型ビタミンC誘導体について紹介します。

新型ビタミンC誘導体は、それまでの水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体のメリットを集約して、デメリットを排除。

さらにより高い浸透力を確保したことで、非常に優れたエイジングケアが期待できる美容成分。

新型ビタミンC誘導体でも、APPS(アプレシエ)は、最強のビタミンC誘導体とも呼ばれていますので、その効果を紹介します。

APPSタイプのビタミンC誘導体の効果と特徴は?

APPSが最強のビタミンC誘導体と呼ばれるのは、その高い浸透力にあります。

通常のビタミンC水溶液と比べると、浸透力は100倍ほどで、真皮層までハンドプレスだけで到達する程の浸透力。

そのためビタミンCの持っているこれらの効果を実感できます。

  • 美白効果(シミ取り・シミ対策)、くすみ改善
  • 皮脂の分泌量を抑制する
  • 吹き出物やニキビの予防
  • 毛穴の開きや毛穴ケアする
  • しわやたるみを改善する
  • エイジング肌に対するケア
  • 目元のくまを改善する

ターンオーバーの促進や正常化、美白効果に、コラーゲンやエラスチンの産生促進など、レチナールの持っている美容効果よりも優れているのが特徴。

APPS(アプレシエ)の副作用とは?

レチナールは濃度が低いことで、本来の効果を実感できない美容成分ですが、APPSタイプの新型ビタミンC誘導体は、濃度を高めなくとも効果を実感できます。

だからレチナールよりも副作用が起こりにくいんです。

ただ皮脂分泌抑制効果に優れていることで、乾燥感の人が使用すると、より皮脂分泌量が減少し、肌荒れの原因になるので注意が必要です。

また使用期限も概ね1ヶ月ほどと短いので、しっかりと効果を得るためには、使用期限を守ることも必要。

その点のみ注意すれば、ビタミンC誘導体の方が扱いやすい美容成分であることは間違いありません。

あなたがエイジングケアをビタミンC誘導体で考えているのなら、私も使っているエンリッチローションがおすすめかも。

サイクルプラスのエンリッチローションには、APPSタイプのビタミンC誘導体だけではなく、ビタミンE誘導体やエイジングケア成分が大量に配合されています。

ハンドプレスだけで真皮層まで浸透し、コラーゲンやエラスチンを産生しつつ、美白効果でシミやそばかすの解消、くすみの改善などができますので、本当に効果的ですよ。

ビタミンC誘導体という美容成分について、もう少し詳しく知りたい方にはこの記事。

この記事には、水溶性ビタミンC誘導体、油溶性ビタミンC誘導体、新型ビタミンC誘導体のそれぞれの特徴やメリット、デメリットなどをまとめています。

医薬部外品でもあるビタミンC誘導体のことがよくわかると思いますので、ぜひ読んでみてください。