メビウス製薬のシミウスとライスフォースのディープモイスチュアローションは、相性の良い組み合わせと話題です。

なぜこのふたつを併用すると良いのか?気になる理由を紹介します。

シミウスもライスフォースも医薬部外品という効果の高さが人気の化粧ですので、どんな効果が生まれるのか、期待できますね!

ライスフォースのディープモイスチュアローションとは?

出典:http://www.riceforce.com/

ライスフォースの化粧品には、独自特許のライスパワーNo.11エキスという美容成分が配合されています。

ライスパワーNo.11エキスには、肌の水分保持能を改善する効果が認められており、質層のすみずみまでじっくり浸透して、肌の内側から潤いのある肌に改善する効果が。

ライスパワーNo.11エキスを配合したエイジングケア(シワやたるみ)に効果的なのが、ディープモイスチュアローションという商品の特徴です。

購買層もシミウスと同じように30代以降の女性が多いのも似ている点。

さらにとろみのある化粧水なので、使用感もサラッとしておらず、ハンドプレスでじっくり押し込む感じも似ています。

シミウスとライスフォースの相性が良い理由は?

これはまさに使用感が似ているということと、同じようなエイジングケアに効果がある化粧品であること、シミウスの邪魔をしないという部分です。

例えば、乾燥肌の人がシミウスを使った場合、保湿力が若干少ないと感じることも。

そんな時にシミウスを重ね付けしたり、ライスフォースを追加したりして、保湿効果を高めることができます。

シミウスにライスフォースを合わせて使うことで、シミウスのマッサージジェルとしての役目を邪魔しない。

実際にそういう使い方で、シミウスとライスフォースを併用している人が多く、ネット上の口コミサイトでも、そういう口コミを多く見かけます。

シミウスとライスフォースは組み合わせるべきか?

実際には肌質や乾燥感の感じ方もあるので、一概にこの組み合わせをすれば、完璧ということはないと思います。

しかもライスフォースのディープモイスチュアローションは、120ml(約2ヶ月分)で8,000円(税抜き)なので、安くない化粧水。

シミウスは1ヶ月4,000円弱なので、価格差は2倍もあります。

シミウスにもジェル以外のスキンケア商品があるので、それをラインで揃えた方が、より効果的ではないでしょうか?

同じラインの化粧品の方が、組み合わせとしては相乗効果が期待できますし、何と言ってもメビウス製薬の方が値段が安い。

シミウスのオールインワンジェルを選ぶ人なら、やはりコスパも気になるところではないでしょうか?

私なら、間違いなくシミウスをラインで揃えます。

シミウスのオールインワンジェルは保湿力が弱いの?

こんな記事を読むと、シミウスのオールインワンジェルでは保湿力が弱く、他の化粧水や美容液、クリームなどを組み合わせないとダメなの?

と思う人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。

私は通常のスキンケアは、シミウスのホワイトニングリフトケアジェルでほぼ終わっています。

乾燥感が気になる時は、シミウスの重ね付けでOKですし、重ね付けすれば十分に潤いますし、肌のプルプル感は倍増します。

寝起きに洗顔する際にも、洗い上がりもしっとりしているレベルなので、シミウスだけでも十分に保湿力はあると思います。

でも肌質は千差万別、いろいろな状態の人がいるので、オールインワンジェル1つでスキンケアが終わらないことも。

そんな時には、重ね付けや他の化粧品を追加するのは、普通のスキンケアだと思いませんか?

シミウスは1つで10役という業界最高の高機能オールインワンジェルなので、本当におすすめですよ。

実際に私も使用しているシミウスの使用感や成分、期待できる効果などをまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください。