シミウスの安全性は本当に大丈夫なのか、配合されている成分から分かる安全性や効果を検証します。

メビウス製薬の美白オールインワンジェルとして、最近人気のシミウスジェルを徹底調査。

実際に美白効果があるのか、白斑などの副作用が起こることはないのかなど、使用前の不安もこの記事を読めば大丈夫。

医薬部外品のシミウスは、安全性も効果もしっかり検証されている!

オールインワンジェルでも人気のシミウスは、有効成分の含まれた医薬部外品。

だからシミウスを使うことで、美容効果を得ることができないということは考えられません。

実際にシミウスに配合されている有効成分は、 グリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタエキスのふたつ。

これらの効果でシミウスのオールインワンジェルを使うことで、美白効果と抗炎症予防の効果を実感できます。

プラセンタエキスの効果が、シミウスの美白ジェルとしての評判を高めることに。

ターンオーバーを促進し、肌の内側からメラニンを浮き上がらせて、シミやそばかすを垢として剥がしてくれます。

その結果、気になるシミやそばかす、くすみなどの年齢肌の悩みを改善することに。

実際にシミウスを使用してみると、その効果の高さがわかります。でも効果が高い美容成分には、副作用も考えられますが、シミウスは大丈夫なのでしょうか?

美白有効成分のプラセンタエキスは、ハイドロキノンとは違う!

美白有効成分には、ハイドロキノンやアルブチン、ロドデノールのような作用の強いものがあります。

数年前に社会問題になったのが、カネボウの独自成分のロドデノール

ロドデノール配合の美白化粧品を使用した人の13,500人に白斑の症状が出て、5,500人もの人が重度の白斑で悩まされているんです。

これが独自特許成分の怖いところ。臨床データや治験データが十分ではなく、様々なリスクを想定しきれていない結果、こういった問題が起こります。

ハイドロキノンも美白有効成分ですが、濃度や使用法を間違えると、白斑を引き起こすこともあるので、中長期に渡って使用することはできません。

アルブチンも美白有効成分として知られていますが、アルブチンはハイドロキノンにブドウ糖を結合した美容成分だということはあまり知られていません。

だから用法用量や使用方法を間違えてしまうと、副作用が起こる可能性がある美容成分。

そういった効果の強いものは、即効性に優れていることもありますが、大切なことは安全に美容効果を実感できるかどうかということ。

そういった部分では、これらの美白有効成分は個人的にはおすすめできないもの。

シミウスの有効成分以外の美容成分の安全性は?

シミウスには、グリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタエキス以外にも、様々な美容成分が配合されています。

しかしそれらの美容成分は、植物由来のもの。

だから天然成分を主体に、シミウスは効果が出るように美容成分を配合しているので、副作用が起こるような美容成分は使っておらず、安全性は高いと考えられます。

実際にシミウスの口コミをチェックしてみても、白斑などの肌トラブルが起こったり、副作用が気になるというものは見つけることが出来ません。

なかには、肌に浸透しないとか、乾燥感が気になるという口コミもありますが、これは個人差によるものなので、全ての人に当てはまる内容ではありません。

実際に私もシミウスを使用していますが、特に肌トラブルが増えたり、乾燥感が気になって美容液やクリームで蓋をしないとダメということもなく、快適に使用しています。

もちろんすべての人に、シミウスのホワイトニングリフトケアジェルが合うとは言いませんが、私には十分なオールインワンジェルです。

シミウスの効果や効能、実際に配合されている美容成分などの情報をまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください。

シミウスの安全性が気になっているあなたも、メビウス製薬の公式サイトから購入すれば、30日間全額返金保証の対象になるので、万が一肌に合わなくともリスクなく使用することができます。