ロート製薬の薬用美白化粧水の白潤、実際にどんな美白有効成分が配合されているのか知っていますか?

ヒアルロンなどの保湿成分も配合され、プチプラ価格で購入できる人気の美白化粧の白潤。

気になる美白効果と浸透率など、実際の効果や効能を解説します。

白潤の美白有効成分と期待できる美白効果とは?

出典:http://jp.rohto.com/

ロート製薬の極潤シリーズの美白ラインとして、ドラッグストアなどでプチプラ価格で購入でき白潤。

手軽な価格だということもあり、一度は使用した事がある人も多いのではないでしょうか?

白潤には、美白有効成分としてアルブチンとビタミンC誘導体が含まれていますが、実際にどのような美容効果が期待できる成分なのかを紹介します。

アルブチンとはどんな美白効果が期待できるのか?

アルブチンは厚生労働省も美白効果を認めた有効成分。

肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンにブドウ糖を結合させて、科学的に作り出したん美容成分です。

ハイドロキノンにブドウ糖を結合させたことで、ハイドロキノンのような強い美白効果がない反面、市販の化粧品にも配合できる美白成分。

多くの化粧品に配合されているのは、アルブチンでもαアルブチンと呼ばれるタイプで、βアルブチンと比較すると、10倍もの美白効果があります。

アルブチンの美白効果は、メラニン色素の生成阻害要因があることで得られるもの。

チロシナーゼの生成を阻害して、メラニンの発生を抑制する効果が期待できるという仕組みで作用します。

だから重要なことは、チロシナーゼが生成される場所まで浸透すること。

メラニンの生成は、基底層で行われるため、そこに届くことが必要ですが、基底層までハンドプレスで到達する美容成分はほぼ皆無。

ということを考えると、試験管の中では効果を発揮するアルブチンも、実際にスキンケアに使うと、効果を発揮できない可能性が高いということです。

白潤には、ビタミンC誘導体も含まれている

白潤には、アルブチン以外にも有効成分のビタミンC誘導体が含まれています。

白潤の原材料をチェックすると、ビタミンCリン酸Mgとあるので、水溶性ビタミンC誘導体のリン酸アスコルビルMgのことだと思われます。

リン酸アスコルビルMgは、非常に沈殿しやすい美白成分のために、高濃度で配合する事ができません。

水溶性ビタミンC誘導体は、高濃度で配合しないとその効果を十分に発揮できませんので、美白成分としての価値は非常に低いんです。

ビタミンC誘導体にも幾つかの種類があり、水溶性ビタミンC誘導体の浸透率は、通常のビタミンC水溶液の8〜9倍が限界値。

だから肌の奥深くまで浸透して、美白成分を十分に発揮できるとは考えにくいんです。

白潤は美白効果が期待できない美白化粧水

これらのことを総合して考えると、白潤を使用しても美白効果を実感できない可能性が高いということが言えます。

美白有効成分が入っているのに?医薬部外品なのに?と思われるかもしれませんが、重要なのは効果のある美容成分がしっかり届くこと。

試験管の中ではなく、人間の肌の必要な部分まで美白成分が浸透しなければ、美白効果を実感できないのは当然の話しです。

では美白効果を実感したいなら、どんな美容成分が配合された化粧品を選べばよいのか?

進化型ビタミンC誘導体配合化粧水なら、真皮層まで到達する!

ビタミンC誘導体にも幾つかの種類があり、進化型ビタミンC誘導体のAPPS(アプレシエ)を配合している化粧水がおすすめ。

進化型ビタミンC誘導体の浸透力は、ビタミンC水溶液の100倍で、水溶性ビタミンC誘導体の11倍もあります。

だからハンドプレスだけで、イオン導入と同じ浸透率があり、肌の真皮層までビタミンCを届けることが可能。

その結果、ビタミンCがメラニンの生成を阻害し、さらにメラニンの還元効果も発揮するので、非常に優れた美白効果を実感できます。

  • これからできるシミやそばかすの予防
  • すでに出来ているシミやそばかすの改善

このふたつの効果が期待できることで、白潤よりも優れた美白効果を実感する事ができます。

白潤よりも多少コスパは悪くなりますが、確実性の高い効果が期待できる美容成分が配合されている化粧水を使うことが、最も効果的なスキンケアではないでしょうか。

でも高価な化粧水は購入したくない。

そんなあなたにおすすめなのが、私も使用しているAPPS配合化粧水のサイクルプラスのエンリッチローション。

これはなんと2,800円で1ヶ月使えます。

さらに美白効果だけではなく、コラーゲンやエラスチンの産生強化による肌のハリや弾力の回復、皮脂分泌抑制効果でニキビ予防やテカリ予防。

ビタミンC誘導体以外にも、ビタミンE誘導体が配合されており、ビタミンC誘導体の効果をサポートしたり、ヒアルロン酸ネットで保湿効果が高かったりします。

白潤のように20代向けではないので、年齢肌やエイジングケアが必要な30代40代向けのEGFペプチドやFGFペプチドなどの成分も配合されています。

だから20代後半からのスキンケアに非常に人気。

ビタミンC誘導体でもそんなに効果に違いがあるの?と思う人もいると思いますので、そういう人にはこの記事がおすすめ。

ビタミンC誘導体の種類や効果、実際にどんな化粧水に含まれているのかなどをまとめていますので、ビタミンC誘導体が気になる人はこの記事を読んでみてください。

いずれにしても、白潤のような美白化粧水を使用しても期待するような美白効果を得ることはできませんので、その点は予め理解しておいた方が良いですよ。