たるみ毛穴は、ビタミンC誘導体配合化粧品の成分の効果で、その原因から改善することができるんです。

実際にどのような効果で、たるみ毛穴の原因を解消するのかを紹介します。

特にAPPS配合のビタミンC誘導体の浸透力の高さが、たるみ毛穴の改善には効果的。

たるみ毛穴の原因にビタミンC誘導体が効果的!

 

たるみ毛穴のと言えば、加齢とともにほほに目立ってくる毛穴の開きの症状のひとつ。

主な原因が加齢による肌のたるみなので、毛穴の開きをチェックした際に縦に長い楕円形や涙型の毛穴なら、残念ながら肌がたるみ始めている証拠。

肌の弾力不足やハリの低下など、肌全体がたるみ始めているサインでもあるので、そのまま放置するとどんどん悪化しますし、ほうれい線などが目立つ原因にも。

生まれつきの毛穴の大きさは、男性ホルモンの影響で決まっているけど、毛穴の開きはしっかりケアすれば、目立たないように解消できますので、諦めずに取り組んでいきましょう。

ビタミンC誘導体は、そんなたるみ毛穴を効果的に改善できると、実際に使用している人からも好評です。

私もビタミンC誘導体配合化粧水を使っていますが、確かに、ほほのたるみ毛穴が小さくなったかも・・・と感じています。

実際にどんな原因でたるみ毛穴ができるのか?ビタミンC誘導体配合化粧水のどんな効果でたるみ毛穴を改善できるのか、少し詳しく説明します。

たるみ毛穴の原因とは?

加齢により、肌の弾力やハリがなくなることで、徐々に目立ち始めるたるみ毛穴。

実際に肌の中でどんな変化が起こっているのかと言えば、加齢によるコラーゲンの減少がきっかけで、たるみ毛穴が目立つようになります。

皮膚がたるまないように支えているのは、皮膚の真皮層、その真皮層の7割がコラーゲン。

だから、コラーゲンが減少することで、肌を支えられなくなり、たるみ毛穴が目立つきっかけに。

体内でのコラーゲン生産量は、20代をピークに低下し、60代になる頃には25%も減少します。

コラーゲンは真皮層で減少するだけではなく、その質が悪化。

新鮮度が低下し、硬くて分解されにくい質の悪いコラーゲンの量が増えることで、毛穴を支える力も低下し、たるみ毛穴に拍車をかけます。

新鮮なコラーゲンを大量に作成することができれば、たるみ毛穴が目立たない状態に改善できるというわけ。

そして、その効果が高いのがビタミンC誘導体の中でも最強のAPPS(アプレシエ)です。

ビタミンC誘導体がコラーゲン生成力をアップさせる

たるみ毛穴を改善するためには、コラーゲンの生成力を高めて、新しいコラーゲンをどんどん作れば良いわけです。

でもビタミンCは非常に不安定な成分で、すぐに酸化してしまい、化粧水で使用しても実は奥まで浸透する前に終わってしまうんです。

ビタミンCが肌の奥まで届きにくいのは、表皮で活性酸素の攻撃を受け、真皮に届く際にコラーゲン分解酵素で分解されてしまうから。

それらの攻撃を防ぐことで、ビタミンCの浸透力を高めたのが、ビタミンC誘導体。

水溶性ビタミンC誘導体、油溶性ビタミンC誘導体、両性ビタミンC誘導体とあるけれども、最もおすすめなのが、 両性ビタミンC誘導体のAPPS。

なんとこのビタミンC浸透力は、通常のビタミンCの100倍でイオン導入と同レベル。

だから真皮層まで届き、ビタミンCがコラーゲンの生成を行ってくれるようになります。

真皮層で、アミノ酸とビタミンCが結合することで、コラーゲンを生成することができるようになるんです。

皮脂分泌抑制効果と保湿力アップもたるみ毛穴に効果的

さらに嬉しいことに、ビタミンC誘導体には、皮脂分泌抑制効果があります。

皮脂の分泌量が減少することは、皮脂腺を細くすることになります。

皮脂の分泌量が減少すれば、自然と毛穴も目立ちにくい状態に。

さらにセラミドの合成促進効果やエイジングケア成分が配合されていることで、肌内部の保湿力がアップ。

肌の内側から支えられることで、毛穴がキュッと引きしまる状態になり、よりたるみ毛穴が目立たなくなります。

このようにたるみ毛穴の原因に直接作用し、その原因をひとつずつ改善する効果が期待できるのが、ビタミンC誘導体です。

そんなビタミンC誘導体でも、最も効果が高くコスパが良いのは、APPS(アプレシエ)。

私も使用しているビタミンC誘導体配合化粧水は、APPSの含有されているタイプで、エイジングケア成分配合のセラミドの合成にも役立つ、非常に効果的な商品。

たるみ毛穴が気になるなら、あなたもAPPS配合の効果的な化粧水を使用することをおすすめします。

ビタミンC誘導体にも様々な種類があるので、間違った商品選びを行うと効果を実感することができませんよ。

ビタミンC誘導体を選ぶなら、今ならAPPSが間違いなく一番です。