手の甲にできるシミ(老人性色素斑)にもシミウスのホワイトニングリフトケアジェルがおすすめ!

スキンケアの際に余ったシミウスを手の甲に付けることで、簡単美白&エイジングケア。

手の甲のシミの原因や対処法などをまとめて解説しますので、シミウスの意外な活用方法を覚えてください。

手の甲には、シミができやすい原因が沢山ある!

手は顔よりも10年早く老化する。という言葉を聞いたことがありますか?

もし聞いたことが無いあなたでも、自分の手の甲を見てみると、シミができていたり、肌荒れがひどかったり、案外スキンケアを放置していた・・・なんてことに気づくかもしれません。

顔と違って、日焼け止めを塗っていなかったり、塗ったとしても家事や育児などで、落ちてしまっていたり、知らぬ間に手の甲には、シミができてしまうもの。

手の甲にできるシミは、老人性色素斑とも呼ばれ、主な原因は紫外線を長期間浴び続けたものと、炎症性色素沈着と呼ばれ、ケガや火傷などによる外傷性の炎症がシミになって定着したもののふたつ。

老人性色素斑によるシミなら、シミウスで簡単美白が可能。

手の甲にできるシミの老人性色素斑の原因と症状とは?

老人性色素斑は、主にこれまでに浴びた紫外線による影響です。特に日本人では40代になる頃に、手の甲に薄茶色で輪郭がはっきりとした類円形のシミができ始めます。

元々、色白の人やアウトドア好きな人の場合には、20代後半頃から出始めることもあり、早めにケアをしないとどんどん色素沈着が大きくなり、目立つシミに成長します。

紫外線によるダメージを受けると、コラーゲンやエラスチンがダメージを受け、それを防ぐためにメラニンの生成が活性化されます。

通常はターンオーバーでシミも剥がれ落ちますが、 メラニンの過剰生成が続くことで、老人性色素斑になるきっかけを作ってしまいます。

基本的には、紫外線対策を怠ったことや、日焼け止めの塗り直しをしなかったことが原因になって、おばあさんのような手になってしまうんです。

手の甲にできたシミ(老人性色素斑)を改善する方法とは?

手の甲にできたシミも、その原因や種類を特定することが先決。

炎症性色素沈着なら、医療機関を受診して治療を行うことをおすすめしますが、老人性色素斑なら、普段のスキンケアに合わせた治療が可能かも。

実際にどのような治療方法があるのかを解説します。

外用薬による手の甲のシミ治療

皮膚科を受診して、ハイドロキノンやトレチノインなどの、シミに効果のある有効成分を含んだクリームを処方してもらいます。

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれるほど、強い美白効果がありますが、濃度や用法を間違えると、白斑の原因にもなりかねないので注意が必要です。

トレチノインは、妊娠中に使えなかったり、日焼け対策を行わないと逆に肌にダメージを蓄積する原因になるので、医師の指示に従って治療を行います。

一般的に手の甲のシミに効果が出始めるまでに、1〜3ヶ月ほどかかると言われています。

レーザー治療による手の甲のシミ治療

QレーザーやIPLなどの広範囲で薄い皮膚に適しているレーザー治療を行い、シミを改善する方法。

IPLの場合、ダウンタイムの必要がなく、シミだけでなく産毛が減少したり、ハリが回復する効果を実感する人もいるようです。

実際にどのクリニックでどのレーザー治療を選ぶのかで、かかる費用が変わってきますが、1回5,000〜10,000円の治療費が必要なこと。

さらに、かさぶたになったり、ダウンタイムが必要になったりして、肌色に戻るまでに1〜6ヶ月ほどの期間が必要になるなど、時間もコストもかかるのがデメリットです。

シミウスで手の甲のシミ改善

外用薬やレーザー治療も効果的な手の甲のシミ対策法ですが、リスクや副作用、治療にかかる期間やコストを考えると、現実的ではないと思います。

そこでおすすめしたいのが、メビウス製薬のシミウスを使った手の甲のシミ対策。

手の甲のシミが気になる年齢になると、手だけではなく顔にもシミやそばかすが出たり、シミ予備軍が待ち構えている状態になっていることが多いんです。

だから普段のスキンケアでシミウスを使う際に、合わせて手の甲にもシミウスを塗ってしまう方法がおすすめ。

これなら、コストも最小限ですし、顔のシミやそばかすも同時に改善できる。

特にシミウスの美白マッサージで、グーにした第二関節を使う際や、耳下腺リンパ節から鎖骨にリンパを流す際に手の甲にもシミウスホワイトニングリフトケアジェルを付けてしまう。

そしてフェイスマッサージが終わった残りを、手の甲に塗ってしっかり染み込ませてあげるだけでOKです。

これだけで、顔のシミやそばかす同様に、手の甲のシミにもシミウスの美白効果が!

その方法を行うか、フェイスマッサージ終了後にスパチュラでシミウスを少しとって、それで新たに手の甲をマッサージしても良いと思います。

私の場合は、もったいないので残ったシミウスでハンドマッサージ。

これだけでも、手の甲のシミが徐々に消え始めていますので、効果的だと思いますよ。

最初にお伝えしたように、手は顔よりも10年早く老化する。顔だけがキレイでも、シワシワでシミだらけの手では、年齢がバレてしまいますので、手の甲のシミ対策もしっかりしましょうね。

シミウスの効果や効能、実際の使用感や口コミなどをまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください。シミウスを購入するなら最安値+30日間全額返金保証がある購入方法をおすすめします。