ターンオーバーの促進や活性化、正常化にビタミンC誘導体化粧水が効果的だと言われていますが、本当でしょうか?

実際にどのような効果で、ターンオーバーに作用するのか。

メラニンの生成や、活性酸素に対する効果もあると言われている、ビタミンC誘導体の効果を解説します。

ターンオーバーが乱れると肌はどうなっているのか?

ストレスや寝不足、栄養バランスが悪いと、肌のターンオーバーが乱れると言われますが、実際にどういうことなのかを知っていますか?

基本的なことですが、意外とターンオーバーの詳細を知らない人が多いので、簡単に紹介します。

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことで、一般的には28日くらいの周期で、どんどん新しい皮膚に生まれ変わることを意味しています。

人間皮膚は、上から表皮層→真皮層→皮下組織という3層構造で成り立っており、ターンオーバーに重要なのは、表皮層。

その表皮層も上から順に、角質層→顆粒層→有棘層(ゆうきょくそう)→基底層という4層構造で成り立っています。

表皮層の最下層にあり基底層でできた細胞は、どんどん形を変えながら、角化細胞になり角質層を形成します。

角化細胞と言っても、実は細胞としては死んでいて、あくまでも肌のバリア機能として存在するもの。

角化細胞が新しい角化細胞に押し上げられると、アカとなって自然と剥がれていきます。

この基底層で生まれた細胞が、アカとなって剥がれて落ちるまでのサイクルをターンオーバーと呼んでいます。

ターンオーバーが正常に行われていれば、擦り傷や切り傷のようなダメージをおっても、元通りにキレイに治ってしまいます。

ターンオーバーの乱れには、ふたつのパターンがある。

ターンオーバーが乱れると言っても、実はふたつのパターンがあります。

それが・・・

  • ターンオーバーが遅くなる
  • ターンオーバーが早くなる

というターンオーバーの周期の問題です。

一般的にターンオーバーが乱れるというと、「ターンオーバーが遅くなる」方をさしますが、ターンオーバーが早くなることも問題です。

ターンオーバーが早くなる方向に乱れるのも肌トラブルの原因。

先ほども説明したように一般的な角化細胞は、既に細胞としては死んでいます。

しかしターンオーバーが早まると、死滅していない状態の角化細胞が表面に出てきますので、バリア機能を十分に果たせないんです。

その結果、肌がゴワゴワしたり、肌の感想感が強くでたりと、未成熟なバリア機能では、紫外線や乾燥などのダメージから肌を守ることができないんです。

だからターンオーバーは、早くても遅くてもダメだということを理解しましょう。

紫外線によるターンオーバーの乱れはシミの原因

紫外線を浴びすぎると、肌の色素細胞のメラノサイトが活性化します。

このメラノサイトこそが、シミの原因のメラニンを大量に生成する細胞で、メラノサイトでメラニンが作られても、ターンオーバーが正常なら良いんです。

メラニンをどんどん分解して、体外に排出することで、肌にシミができないようにしてくれます。

しかし、一度活性化したメラノサイトは、ずっとメラニンを生み続けるために、結局メラニンの増える勢いに追いつかずに、シミになってしまいます。

シミになった部分のターンオーバーが乱れていくことで、どんどんシミが濃くなって年齢とともにどんどん目立つようになってしまうんです。

ビタミンC誘導体がターンオーバーの正常化に効果的!

乱れてしまったターンオーバーを改善するには、食生活の改善が必須ですが、サプリメントや化粧水を変えることも、ターンオーバーの正常化に役立ちます。

ターンオーバーの活性化や正常化に役立つ効果が高いと言われているのが、ビタミンC誘導体配合化粧水。

自分に合わない化粧水選びをして、間違いスキンケアを続けていては、それが原因で肌のターンオーバーが乱れることも。

特にターンオーバーを正常化させるには、保湿効果の高い化粧水がおすすめで、美容成分はビタミンC誘導体やヒアルロン酸などを配合したものが良いんです。

特にビタミンC誘導体は、ビタミンCを安定化させ、肌への浸透力を大幅に上昇させたものなので、本当におすすめ。

ビタミンC誘導体のスキンケア効果とは?

ビタミンC誘導体にも、幾つかの種類がありますが、ビタミンCが肌の真皮層まで浸透することで、ターンオーバーの正常化に役立つ効果が期待できます。

ビタミンC誘導体配合化粧水に期待できる効果は、

  • 美白効果(シミ取り・シミ対策)、くすみ改善
  • 吹き出物やニキビの予防
  • 毛穴の開きや毛穴ケア効果
  • しわやたるみ改善効果
  • エイジング肌ケア効果
  • 目元のくまの改善効果

実はこんなにも沢山の効果があるんです。

これらの効果が相乗的に作用することで、肌質が改善され、肌のターンオーバーの正常化に役立ちます。

ビタミンC誘導体はシミすら除去できる

ビタミンC誘導体は、厚生労働省も認めた美白成分で、医薬部外品。

シミの予防やシミの改善に役立つ効果があることがわかっていますが、即効性があるものではなく、ターンオーバーを繰り返して、徐々に作用します。

メラニンを体外に排出したり、メラニン色素を元の状態に還元したりと、既にできたシミにも効果的。

さらに、活性酸素の発生を抑制する作用や、メラニンの生成自体を抑制する効果があることで、シミ予防効果も期待できます。

メラノサイトの話をしましたが、実はビタミンC誘導体は、メラノサイトの働きを抑制する効果があるので、メラニンの生成を抑制します。

ビタミンC誘導体でもオススメはAPPS(アプレシエ)

ビタミンC誘導体にも様々なタイプがあります。

  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • 脂溶性ビタミンC誘導体
  • 両性ビタミンC誘導体

この中でも最も成分として安定し、肌への浸透力が高いのが両性ビタミンC誘導体。

両性ビタミンC誘導体にも、APPS(アプレシエ)ちAPISという成分がありますが、コスパに優れているのは、APPS(アプレシエ)です。

APPSのビタミンC誘導体は、通常のビタミンC化粧水の100倍の浸透力があり、イオン導入をしなくとも、肌の真皮層まで届きます。

毎日のハンドプレスで、イオン導入の5倍ほどの浸透力で、どんどんビタミンCを届けてくれるので、肌が内側から変わっていきます。

実際に私もAPPSのビタミンC誘導体を使用していますが、使い始めてから2〜3ヶ月で、肌がワントーン明るくなったり、様々な変化を自覚しています。

やはりターンオーバーが正常化されることで、非常に有益な効果があるのが分かります。

シミやそばかす、肌荒れやニキビなど・・・様々な肌トラブルに悩んでいるなら、一度ビタミンC誘導体配合化粧水を試してみると良いと思います。

実際の効果や効能、おすすめのビタミンC誘導体配合化粧水の情報などを上記記事にまとめていますので、今すぐに読んでください。