>> なんと1位は常温保存でコスパ最高!ビタミンC誘導体配合化粧水ランキング・ベスト3!

ビタミンC誘導体を配合している化粧水に、優れた効果があると話題になっています。

ニキビやニキビ跡、毛穴ケアに抗酸化作用など様々な美肌効果があると言われるビタミンC誘導体の成分とは?

実際に市販されているビタミンC誘導体配合化粧水でおすすめの商品情報をランキング形式で紹介。

皮膚科に通わなくとも、粉末と原液を混ぜるタイプなら、非常に高い効果が期待できるんですよ!

目次

ビタミンC誘導体とはどのような成分のことか?

ビタミンCと、ビタミンC誘導体は何が違うのか?

数年前から話題になっている美容成分のビタミンC誘導体。

ビタミンCとの違いについて、既に理解されている人もいらっしゃると思います。

でもビタミンC誘導体を詳しく知らない人もいらっしゃいますので、少しだけお付き合いください。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを化粧品に入れる際に、安定しやすい成分に変化させたものです。

なぜ、ビタミンC誘導体が良いのか?

実はビタミンCには、美肌効果やアンチエイジング効果、美白効果にニキビ跡のダメージ修復効果などが期待できますが、すごく不安定な成分なんです。

ビタミンCをビタミンCのまま化粧水に配合すると、不安定な状態の影響で、肌への浸透率も低く、ビタミンCの効果をしっかり活用できないんです。

そこでリン酸基などの他の成分と結合させることで、成分を安定化させ、肌への浸透力を高めたものが、ビタミンC誘導体の基本。

ビタミンCをビタミンC誘導体にする理由とは?

ビタミンCをビタミンC誘導体にすることで、得られるメリットがふたつ

  • ビタミンCを安定化させ、酸化しにくい状態にする
  • 他の分子と結合させることで、肌への浸透力が高まる

ビタミンC誘導体として、化粧水に配合されていても、ビタミンC誘導体が肌に悪影響を与えることはありませんので、安心して使えます。

肌についた瞬間から、活性酸素の影響でその一部が酸化しますが、それでもビタミンCだけを付けた場合よりも、酸化を抑制することが可能。

ビタミンC誘導体には様々な種類がありますが、全てのビタミンC誘導体の目的は、成分を安定させ、浸透力を高めること。

ビタミンC誘導体の種類とは?

ビタミンC誘導体は、大きく分けて3種類に分類されます。

  • 水溶性ビタミンC誘導体
  • 油溶性ビタミンC誘導体
  • 両性ビタミンC誘導体

しかし、多くのビタミンC誘導体配合化粧水には、水溶液と油脂性のビタミンC誘導体の相反する成分が含まれています。

その理由が、肌の表面にあるラメラ構造の影響。

ラメラ構造とは、水分と油分が網の目状になったもので、肌表面の細胞間脂質にあり、表皮と角質細胞の間に位置しています。

ラメラ構造が肌のバリア機能を担っていますが、油分と水分の両方があるために、そこを通過できるように、水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体を組み合わせると効果的。

では実際にどんなビタミンC誘導体があるのか、その特徴などを紹介します。
>> なんと1位は常温保存でコスパ最高!ビタミンC誘導体配合化粧水ランキング・ベスト3!

水溶性ビタミンC誘導体の種類と特徴は?

水溶性ビタミンC誘導体は、水分との相性がとてもよく、短時間で肌の角質層に浸透しやすい特徴があり、肌なじみの良さも魅力。

  • アスコルビルリン酸Na
  • リン酸アスコルビルMg(APM)
  • アスコルビン酸グルコシド

などど、「全成分表示」の項目に書かれています。

アスコルビルリン酸Naの特徴とは?

アスコルビン酸にリン酸基を結合させ、浸透性に優れているビタミンC誘導体。

肌の内部で、ホスファターゼという酵素で加水分解され、ビタミンCとしての効果を発揮してくれます。

リン酸アスコルビルMgより低コストで合成でき、溶かしやすいので、院内処方に適しており、主に皮膚科で使われています。

ただし、リン酸アスコルビルMgに比べると、若干刺激を感じる場合があります。

リン酸アスコルビルMg(APM)の特徴とは?

リン酸アスコルビルMgとは、ビタミンCとマグネシウムを組み合わせた、水溶性ビタミンC誘導体。

ミネラル類との結合なので、皮膚への浸透力が優れています。

ホスファターゼという皮膚酵素で、速やかにビタミンCとリン酸マグネシウムに分解され、ビタミンCを肌に取り込むことができます。

その効果は、アスコルビルリン酸Naよりも高いですが、沈殿しやすく、高濃度での配合が難しいビタミンC誘導体。

臨床試験の結果には、ニキビ跡の赤みや色素沈着、窪み、皮脂分泌の抑制、コラーゲンの生成の促進などの効果を確認。

そのため、水溶性のビタミンC誘導体では、最も効果があると考えられています。

アスコルビン酸グルコシドの特徴とは?

ビタミンCに糖を結合させたビタミンC誘導体で、グルコシターゼで分解されます。

化粧品だけではなく、最近はサプリメントにも配合されている成分です。

ビタミンC誘導体の中では、最も成分が安定しているので、常温での長期保存も可能。

安定型ビタミンC誘導体とも呼ばれており、配合しやすく、刺激も少ないので美白化粧水などに使われています。

しかし、人の皮膚にはグルコシターゼがほぼ存在していないので、 ビタミンCに変換できずに、排出されてしまうことの方が多いようです。

成分は安定していますが、ビタミンCの効果はあまり期待できないものだと考えましょう。

油溶性ビタミンC誘導体の種類と特徴は?

油溶性ビタミンC誘導体は、水溶性ビタミンC誘導体に油分を結合させ、クリームやゲルなどに配合できるように加工したもの。

浸透力する際に時間はかかりますが、効果はとても穏やかで低刺激なので、乾燥肌や敏感肌の人にもおすすめできるビタミンC誘導体です。

  • テトラへキシルデカン酸アスコルビル
  • パルミチン酸アスコルビル

などど、「全成分表示」の項目に書かれています。

テトラへキシルデカン酸アスコルビルの特徴とは?

テトラへキシルデカン酸アスコルビルとは、安定性に非常に優れており、形状も液体状なので、高濃度配合しやすい油溶性ビタミンC誘導体。

皮膚内にある酵素のエステラーゼによって、ビタミンCと脂肪酸に分解されます。

分解後の脂肪酸は、体内にある成分なので安全性も問題なく、ビタミンC特有の乾燥感もなく低刺激、48時間ほども皮膚内で効果が持続。

リン酸型よりは若干浸透性が劣りますが、肌馴染みもよく、使用感も良好。医薬部外品なので、美白、活性酸素消去、コラーゲン合成促進に効果があります。

パルミチン酸アスコルビルの特徴とは?

脂肪酸のパルミチン酸とビタミンCを結合させたもので、皮膚内酵素でビタミンCとパルミチン酸に分解される油溶性ビタミンC誘導体。

昔から使われているビタミンC誘導体で、アメリカではエステルCの名前で有名な成分です。

固体状で、使用感が非常に重く、酸化しやすいので、非常に使いにくい成分で、酸化後の成分が皮膚障害を起こす可能性があり、現在はほぼ使用されていません。

両性ビタミンC誘導体の種類と特徴は?

両性ビタミンC誘導体は、水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体の両方の成分を持つ、最新のビタミンC誘導体。

ビタミンC誘導体の中でも、最も肌の角層への浸透性に優れており、APPS(アプレシエ)と呼ばれる成分が代表的なものです。

APPSの浸透力は、通常のビタミンCのおよそ100倍ほどと考えられている非常に効果の高いビタミンC誘導体。

  • APPS(アプレシエ・パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
  • APIS(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)

などど、「全成分表示」の項目に書かれています。

APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)の特徴とは?

リン酸型ビタミンC誘導体(アスコルビン酸2-リン酸エステル、APともいう)にパルミチン酸を付加することにより、親油性を付与した新しいタイプの水溶性ビタミンC誘導体。

従来型のビタミンC誘導体に比べて、約100倍もある浸透力が魅力。

さらに、皮膚のコラーゲン産生を促進し、アンチエイジング(抗しわ)効果も期待できます。

水溶性ビタミンC誘導体に親油性を付加したもので、即効性があり、浸透しやすく、刺激が少ない、非常に高機能なビタミンC誘導体。

イオン導入なしで、単純塗布だけでも真皮層まで浸透する浸透力があり、真皮への到達時間が油溶性ビタミンC誘導体よりも早いというメリットも。

密閉容器に密封して冷蔵庫保管が基本なので、水ベースの場合は劣化も早く、配合率も低くなりがち。

高濃度にすると泡立つ場合があったり、多少扱いにくいというデメリットがあります。
>> なんと1位は常温保存でコスパ最高!ビタミンC誘導体配合化粧水ランキング・ベスト3!

ビタミンC誘導体配合化粧水に期待できる効果とは?

ビタミンC誘導体が美容面での効果が高いものであることは、なんとなくわかったと思います。

しかし実際にビタミンC誘導体配合化粧水を使用することで、どのような効果を実感できるのか?

ビタミンC誘導体の効果で有名なものは、

  • コラーゲンの合成を促す効果
  • 皮脂分泌の抑制効果
  • メラニン色素の生成を抑制する効果
  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用

多くの肌トラブルに対して、ビタミンC誘導体配合化粧水が効果的。

そこで、実際にビタミンC誘導体配合化粧水に期待できる効果を詳しく解説します。

美白効果(シミ取り・シミ対策)、くすみ改善

ビタミンC配合誘導体に期待できる効果で、真っ先にイメージが付くのが、美白効果ではないでしょうか。

厚生労働省も医薬部外品として、美白効果をビタミンC誘導体に認めていますので、その効果の高さは実証済み。

ビタミンC配合誘導体には、シミの原因であるメラニン色素の生成を抑制する作用と、既に生成されているメラニン色素の沈着も防ぐことで、美白効果が期待できます。

日焼けによるシミ・そばかすの予防効果が期待できますので、ゴールデンウィーク以降の紫外線の強い時期には活用したいものです。

ただ、既に出来てしまっているシミの改善効果は、あまり期待できません。

吹き出物やニキビの予防

ビタミンC誘導体には、肌の過剰な皮脂分泌を抑制する作用があるので、吹き出物やニキビの予防に効果的。

さらに既に出来ているニキビの炎症を抑制する効果もあり、ニキビからの回復時間を早めてくれます。

赤ニキビもビタミンC誘導体の抗炎症作用で、赤みを抑えることもでき、色素沈着にも効果的なので、ニキビ跡が目立ちにくい特徴も。

毛穴の開きや毛穴ケア効果

ビタミンC誘導体には、皮脂分泌を抑制する効果があるので、開き毛穴やたるみ毛穴の人には特に効果的。

開き毛穴とは、皮脂腺が大きくオイリー肌で赤ら顔をしているようなタイプの人です。

さらにコラーゲンの合成を促進する効果もあることで、30代以降に多いたるみ毛穴にも効果的。

コラーゲン量が増えることで、肌のうるおいもモチモチ感もアップし、顔全体の毛穴が目立ちにくなります。

しわやたるみ改善効果

ビタミンC誘導体のコラーゲンの合成効果で、肌の老化が原因で起こるしわの改善に役立つ効果があります。

しわができるのは、肌の真皮層のコラーゲンの減少が原因のひとつなので、その減少を抑制し、合成量を増加させることで、しわの悪化を予防。

ビタミンC誘導体でも、短期間でしわの改善効果があるわけではありませんが、使い続けるほどにコラーゲンの量が増え、しわが目立ちにくくなります。

肌全体のたるみに関しては、しわよりも肌の状態が悪化し、老化が進んだものなので、改善効果はそこまで期待できませんが、予防効果はかなり期待できます。

エイジングケアにビタミンC誘導体配合化粧水を活用すると、若々しい肌を維持できますので、20代後半や30代前半から使い続けるのが効果的。

エイジング肌ケア効果

しわやたるみなどが起こる原因には、体内で過剰に発生した「活性酸素」の影響もあります。

肌は、紫外線や摩擦などの刺激やストレスから守るために、活性酸素を発生させます。しかしその活性酸素が増えすぎると、肌の老化が進行します。

その活性酸素に対して、抗酸化作用があることで、肌の内側だけではなく表面にもエイジングケアの効果が作用。

肌の老化をダブル効果で抑制するので、ビタミンC誘導体配合化粧水は、エイジングケアに非常に高い効果があると考えられています。

目元のくまの改善効果

ビタミンC誘導体には、目元のくまを改善する効果も期待できます。

目元のくまには、 茶ぐま・黒ぐま・青ぐまという3種類のくまがあり、それぞれの症状の改善に効果的。

茶ぐまは、メラニン色素を生成するチロシナーゼの作用を抑制する効果で、悪化を予防できます。

黒ぐまは、真皮層のコラーゲンの合成を促進する作用で、たるみの予防と改善を通じて、黒ぐまを薄く目立ちにくい状態にできます。

青ぐまは、皮膚が薄く目の下の血管が透けて見えることが原因なので、真皮層のコラーゲンを合成する効果で目立ちにくい状態にできます。

この様に、目元のくまにもビタミンC誘導体は非常に効果的。

おすすめのビタミンC誘導体はどれなのか?

ビタミンC誘導体には、多くの種類とスキンケア効果があることはわかったので、一体どのタイプを選ぶのが良いのか?

肌への浸透力が高く、より効果的なものはどれなのか?

もっとわかりやすく教えて欲しいという人もいらっしゃるでしょう。

そこでビタミンC誘導体の種類ごとに、その効果をランキング形式で紹介しますので、これでハッキリ効果が高い物がわかります。

肌への浸透力が高いランキング

  1. APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
  2. リン酸アスコルビルNa
  3. リン酸アスコルビルMg
  4. テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  5. アスコルビン酸グルコシド

肌に作用するスピードの早いランキング

  1. ピュアビタミンC(アスコルビン酸)
  2. APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
  3. リン酸アスコルビル
  4. アスコルビン酸グルコシド
  5. テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

安全性と肌への効果が高いランキング

  1. APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)
  2. リン酸アスコルビルNa
  3. リン酸アスコルビルMg
  4. APIS(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)
  5. テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

APIS(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)はダメなのか?

APIS(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)を配合した商品は、FuncosC-ISという商品名等で販売されています。

APPSは、体内に存在する物質であるリン酸とパルミチン酸を使用しているのに対し、APISは皮膚の内に存在しないイソステアリルアルコールを使用。

この成分が問題。

イソステアリルアルコールは、ファンデーションなどの化粧品の乳化剤としても、使用されている成分ですが、元々皮膚に存在しない成分。

低刺激だと言われていますが、やはり安全性を考えると、APPSの方が優れていると言えるでしょう。

さらに、FuncosC-ISは月間8,640円の高額商品。

長く使い続ける化粧水としては、少し値段が高すぎるのも個人的にネックに感じます。

そういったことを総合的に考えると、ビタミンC誘導体配合化粧水を選ぶなら、APPSの方がお得で安全だと言えます。

ビタミンC誘導体化粧水おすすめ人気ランキング!

ビタミンC誘導体配合化粧水も沢山の種類が販売されていますが、実際にどれを選べばよいのか?

ビタミンC誘導体の種類も商品も沢山あり過ぎて、非常にわかりにくい状態。

成分や効果、コスパ、実際の使用者のレビューや口コミなども参考にして、ビタミンC誘導体化粧水おすすめ人気ランキングベスト3を紹介。

あなたのビタミンC誘導体配合化粧水選びの参考にどうぞ!

第3位 GranGrace(グラングレース) ローション

出典:http://www.bihadadr.com/

ビタミンC誘導体化粧水おすすめ人気ランキングの第3位は、「 GranGrace(グラングレース) ローション」です。

  • 内容量:40ml【約1ヶ月分】
  • 参考価格:2,800円(税抜)【初回限定】通常は4,200円
  • 企業:株式会社 エストコミュ

高浸透性の両性ビタミンC誘導体であるAPISをたっぷり配合した高機能化粧水です。

APISの他にも保湿成分であるヒアルロン酸や抗酸化成分であるビタミンEを追加配合し、使用感はとろみがある美容ローション。

シミや小じわ、乾燥や毛穴ケアなど肌トラブルに対して、総合的なアプローチができる1本。

肌の内側からうるおいがあふれ、ふっくらと弾力のある柔らかな肌に整えてくれるので、乾燥によるくすみやしわ、たるみ等のエイジングケアにも効果的。

ビタミンC誘導体配合化粧水としては、初期の頃に発売された商品なのにずっと残っているので、肌トラブルなども少ない化粧水。

信頼度の高さと低刺激で安心して使用できる事が理由で、ビタミンC誘導体化粧水おすすめ人気ランキング3位です。

第2位 ビーエスコスメ/ アプレシエ(APPS)1%化粧水・50ml用作成キット

出典:http://bs-cosme.com/

ビタミンC誘導体化粧水おすすめ人気ランキングの第2位は、「 ビーエスコスメ/ アプレシエ(APPS)1%化粧水・50ml用作成キット」です。

  • 内容量:50ml
  • 参考価格: 1,400円(税抜)
  • 企業:有限会社 ビーエスーコスメ

高浸透性のビタミンC誘導体のAPPS(アプレシエ)を1%配合と唯一、APPS配合率を公開している化粧水で、しかも超低価格なので人気。

ただこの商品は、化粧水か精製水にAPPSの粉をまぜて作るキットになっていますので、一見すると割安ですが、化粧水次第で高額にも。

APPSの効果がどうなのか、初めてだから試してみたいという人には、おすすめかもしれません。

ただ、気温が25度以上になるような夏場には、冷蔵庫の野菜室での保管が必須という、少し管理方法に手間が。

さらに半製品なので、商品到着後3日以内に化粧水などを混ぜること、効果を実感するためにも1ケ月以内に使い切ることなど、取扱いが少し面倒なのが難点。

それと自分で容量の調整ができでるので、1%以上にすることも可能ですが、目に入ると炎症の恐れもあるので、適正な分量で配合しましょう。

APPSの効果で、従来のビタミンC誘導体よりも皮膚吸収に優れ、肌内部まで到達。

抗酸化力の強さでくすみ肌をカバーし、肌内部のコラーゲンにも直接作用して、加齢やたるみが気になるエイジングケアにも効果的。

管理方法に手間があるものの、APPSの効果をしっかり実感できるし、精製水ならコスパも良い商品なので、ビタミンC誘導体化粧水おすすめ人気ランキング2位です。

第1位 サイクルプラス【2剤式化粧水】エンリッチローション

出典:http://www.cycleplus.jp/

ビタミンC誘導体化粧水おすすめ人気ランキングの第1位は、「 サイクルプラス【2剤式化粧水】エンリッチローション」です。

  • 内容量:80ml+パウダー【約1ヶ月分】
  • 参考価格:2,800円(税抜)
  • 企業:株式会社 ナリス コスメティック フロンティア

高浸透性のビタミンC誘導体のAPPS(アプレシエ)が贅沢に配合された2剤式の高機能化粧水です。

ヒアルロン酸ネットと呼ばれる4種類のヒアルロン酸と、ナノWカプセルとの相互作用で保湿成分を閉じ込め、潤い効果が高いと人気。

エイジングケア成分のビタミンEやEGF/FGF様ペプチドなども配合されており、ハリと透明感溢れる素肌へ導いてくれます。

今回紹介したビタミンC誘導体配合化粧水の中でも、最も新しい化粧水ですが、評価も効果も高いと発売当初から人気。

@cosmeでもクチコミランキングトライアルキット部門で、「お試しセット」が第1位を獲得。

使用量や使用方法も明確になっているので、ビタミンC誘導体配合化粧水を初めて使う方でも、サイクルプラスのエンリッチローションの効果を実感できると話題。

化粧水というよりも、その効果の高さは美容液レベル!

効果の高さとコスパ、常温保存という手軽さで、ビタミンC誘導体化粧水おすすめ人気ランキング1位!

いまビタミンC誘導体配合化粧水を試すなら、「 サイクルプラス【2剤式化粧水】エンリッチローション」が最もおすすめ。

この商品、残念ながら公式サイト限定の通販商品なので、店頭で購入することはできませんので、今すぐチェックできるように、下記に公式サイトを紹介します。


→サイクルプラス【2剤式化粧水】エンリッチローションの詳細をチェックする!

ビタミンC誘導体配合化粧水の使い方と注意点とは?

ここまで読んだあなたは、ビタミンC誘導体配合化粧水には、様々な効果があることがわかったと思います。

  • 美白効果(シミ取り・シミ対策)、くすみ改善
  • 吹き出物やニキビの予防
  • 毛穴の開きや毛穴ケア効果
  • しわやたるみ改善効果
  • エイジング肌ケア効果
  • 目元のくまの改善効果

私が紹介した効果だけでも、これだけの効果が期待できるのが、ビタミンC誘導体配合化粧水。

しかし、効果の高い商品でも使用方法を間違えたり、自分の肌に合わないのに使用を続けると肌トラブルの原因に。

実際に使用する際に、どのようなことに注意すべきかを紹介します。

乾燥肌の人は濃度の低いタイプを選ぶ

乾燥肌の人や肌が乾燥しがちなタイミングでは、ビタミンC誘導体の効果で皮脂の分泌が抑制されるので、より乾燥感が強く出ることがあります。

そのため、肌の乾燥感がより強まり、肌にとって刺激やダメージの原因になることも。

乾燥感の強い時期には、ビタミンC誘導体の濃度が低いものや、油脂性のビタミンC誘導体を選ぶのが基本。

敏感肌向けのビタミンC誘導体配合化粧水もあるので、そのタイプを選び、保湿ケアも徹底しましょう。

脂性肌や一般的な肌の人は問題ないと思いますが、敏感肌や乾燥肌の人は、保湿をしっかり行うことが基本。

肌が敏感な時は使用を控えることも大事。

ビタミンC誘導体は浸透力の高さで、角質の真皮層までその成分が届きます。

そのため肌が敏感な時期に使用することで、逆に肌にとって刺激になることも。

敏感なタイミングでは使用を控えるか、敏感肌の人は使用前に必ずパッチテストをしましょう。

メーカー推奨の適量をしっかり使用する

ビタミンC誘導体配合化粧水は、使用期限が1ヶ月の商品がほとんど。

そのため、日々の使用量や、週間使用容量などを設定しているメーカーもあります。

使用量が少なければ、ビタミンC誘導体の効果が真皮層まで十分に届かずに、本来の効果が実感できないことも。

さらに使い切る前に使用期限を迎えてしまう原因にもなるので、しっかりとメーカー推奨量を使用するようにしましょう。

ハンドプレスでしっかり肌になじませる

ビタミンC誘導体配合化粧水を使う際には、両手でしっかりハンドプレスすることが基本。

ハンドプレスが、ビタミンC誘導体の肌なじみを良くして、角質層までしっかりと届けてくれます。

ただその際に強く抑えたり、パッティングをすると肌への刺激になってしまうので、優しく丁寧に行なうようにしましょう。

ローションパックはさらに効果的

最も効果が高いビタミンC誘導体であるAPPSは、浸透スピードが早いと言っても、他の美白成分に比べると、比較的ゆっくり浸透します。

もしビタミンC誘導体の効果を最大限にしたいなら、5~10分のローションパックが効果的。

その際に、肌のつっぱり感や乾燥感を感じるなら、精製水で薄めてパックするのもひとつの方法です。

ただ刺激が強かったり、赤みが出たり肌トラブルの兆候を感じたなら、そのビタミンC誘導体配合化粧水では、ローションパックをするのは止めましょう。

ビタミンC誘導体化粧水おすすめ人気ランキングの1位、サイクルプラスのエンリッチローションの実際の使用感やレビューをまとめている記事もありますので、参考にどうぞ!

新型ビタミンC誘導体のAPPS、さらに様々な美容成分を追加し、エイジングケアまでできるのにこのコスパの良さ、本当にエンリッチローションは凄い化粧水です!