敏感肌で低刺激の化粧水を使っても、

ヒリヒリ刺激になって十分な保湿ケアができない人におすすめのスキンケア方法があるのを知っていますか?

 

もしあなたが敏感肌の症状が進んでしまい化粧水すらしっかり使えないというのなら、おすすめのスキンケア商品があります。

 

肌のバリア機能を強化して、水分を逃しにくくする機能が確認されている飲むインナースキンケア食品なら、化粧水がヒリヒリと刺激になる人でも安心して利用できますよね。

 

敏感肌の赤みやヒリヒリする刺激は炎症が起こっているから!

 

まず最初に敏感肌の人が赤みが起こったり、化粧水がヒリヒリ刺激になる理由を紹介すると・・・

 

肌のバリア機能が低下し、

お肌の水分を適切な状態に保つことができなくなっていることで、外界からの刺激を受けやすくなっています。

 

肌は刺激を受けることで炎症を起こして赤みを帯びてしまったり、化粧水がヒリヒリと刺激になってしまうので、バリア機能を適正な状態に保つことが症状改善に必要なこと。

 

敏感肌の人が赤みを放置すると、

慢性的な炎症をきっかけに色素沈着を引き起こしたり、炎症性サイトカインの産生をきっかけにするシミやシワなどの肌の老化原因になるので早めに改善してあげることが必要です。

 

敏感肌の赤みを改善するために必要なことは、肌を清潔な状態に保って、皮膚のバリア機能を正常に保つようなスキンケアを毎日実践すること。

 

しかし低刺激の化粧水ですら、

ヒリヒリと刺激に感じてしまう場合だと、どんなスキンケアをすればよいのか悩んでしまいますよね?

 

敏感肌には飲むインナースキンケア食品がおすすめ!

 

日本初販売の肌のトクホ商品として、2019年の美容業界で注目されているオルビスのディフェンセラという商品を知っていますか?

 

ディフェンセラの関与成分である米胚芽由来グルコシルセラミドは、肌の表面の表皮細胞を正常化するスイッチをオンにするシグナルの役割がある注目の成分。

 

  1. 水分が逃げやすい最外層を強化
  2. 肌表面の細胞のすき間をふさぐ
  3. 肌の奥の細胞のすき間までもふさぐ

 

という3段階のバリア機能で、肌のうるおいを留めてくれたり、肌のセラミド産生工場を立て直す働きが期待できる特徴が。

 

だから肌のバリア機能が低下して、

お肌の水分を適切な状態に保つことができないことで、化粧水すらヒリヒリと刺激に感じてしまう敏感肌の人におすすめ。

 

トクホ認定されて現在販売されている唯一の肌のトクホ商品だから、スキンケアに悩んでいるのならディフェンセラを選ぶべきでしょう。

 

飲めば全身スキンケアできる



初回限定送料無料キャンペーンが最安値

 

ただ1つ理解してほしいことは、ディフェンセラはあくまでも肌のトクホ商品ですから、敏感肌の治療薬ではないということ。

 

もし赤みや炎症がひどくて我慢できない際には皮膚科に通院して、ロコイド軟膏0.1%などのステロイド剤を処方してもらうなど、症状に合わせた治療を行ってください。

 

敏感肌のスキンケアはとにかく低刺激のものを選ぼう!

 

敏感肌のバリア機能の低下や肌の乾燥に対して内側から働きかけるのがディフェンセラの約目ですが、外からの刺激を防いだり、乾燥を予防することも大切なこと。

 

敏感肌の症状が強く出ている人や、敏感肌気味の人なら低刺激性・無香料・無着色など、肌に刺激にならない成分を使っているものを選びましょう。

 

洗顔料・化粧水・日焼け止めなど

すべてのスキンケア商品の原材料を再度確認して、アルコールやエタノールなどの刺激成分が含まれていないかなど、基本的なチェックを行ってください。

 

化粧水がヒリヒリ刺激になるだけなら、

 

ヒリヒリする化粧水の使用をやめる
↓↓↓
化粧水の成分にアルコールやエタノールがないか確認する
↓↓↓
アルコールやエタノールが含まれていない化粧水に変える

 

という一連の流れで、ヒリヒリ刺激を感じる原因を排除しながら、ディフェンセラで肌の内側からケアすると良いでしょう。

 

そういうことができるからディフェンセラは、飲むインナースキンケア食品と呼ばれていますので、ぜひ敏感肌のスキンケアに活用してみてください。

 

ディフェンセラを飲んだ私が感じた効果や効能に関しては、この記事にまとめていますので、気になる方は参考にしてください。

 

 

敏感肌で化粧水がヒリヒリ刺激になってしみる状態でもできるスキンケア方法が、ディフェンセラを活用すること。

 

2019年以降のスキンケアの新常識になると言われているオルビス期待の商品ですので、非常におすすめですよ。