毛穴汚れや角栓を原因から効果的に改善する事ができ、誰でも簡単に毎日できる方法があるのを知っていますか。

このスキンケア方法を知っているだけで、今まではメイクや化粧品でカバーしていた人もその必要がなくなります。

角栓をゴッソリ除去するような方法で、毛穴汚れや角栓対策を行っている人は今すぐに止めないと、根本原因を改善できませんよ。

毛穴汚れの根本原因は余分に分泌された皮脂です。

毛穴汚れ対策方法を探しているのに、その根本原因が何かを知らない人って結構多いのを知っていますか。

毛穴汚れは洗顔不足やメイク残りだと思っている人が多いですが、最も根本的な原因は、余分に分泌された皮脂。

皮脂の分泌量が少なければ、実はそんなにスキンケアをしなくとも、毛穴も引き締まっていますし、毛穴汚れも角栓もほとんど目立たないんです。

友達の中に1人はいるのが、ズボラ女子なのに何故か肌だけはきれいな子。

こういったタイプに多いのが、生まれつき皮脂分泌量が少なく、毛穴汚れも目立たないような肌で、肌荒れやニキビもほとんどなったことがないタイプ。

これが皮脂分泌量が肌や毛穴に与える影響で、毛穴汚れを引き起こす一番の原因です。

もちろん、皮脂分泌量が少なければ美肌ということではありませんが、少なくとも皮脂分泌量が過剰なら、テカテカ肌で毛穴汚れや毛穴詰まりなんて日常茶飯事な肌。

毛穴の皮脂腺から分泌された皮脂は、毛穴の中で角栓になり、角栓が酸化することで毛穴の黒ずみになり、皮脂の排出がうまく出来なければニキビや吹き出物の原因に。

だからこそ、その根本原因である皮脂分泌量について、もっと真剣に考えるべきですし、より効果的なスキンケア方法を実践すべきなんです。

過剰な皮脂分泌が毛穴で起こる原因とは?

では実際にどのような原因で過剰な皮脂分泌が起こってしまうのか?

これにはいくつかの原因がありますので、どれを改善すれば全ての人の皮脂分泌量が適正になるということではありません。

しかし、大まかな原因を知っておくことで、過剰な皮脂分泌を抑制することができますので、簡単に紹介したいと思います。

実はインナードライ肌だから

これは皮脂分泌量が多く、脂性肌だと思っている人にも実は多く、過剰なスキンケアや保湿力の弱い化粧品を使用していることで、肌の内側で乾燥が進行している状態。

毎日過度な洗顔を行ってしまうと、必要な皮脂や角質まで落としてしまい、肌のバリア機能を低下させる原因に。

その結果、バリア機能が弱く無防備な状態の肌を守ろうと、皮脂が過剰に分泌されてしまう原因に。

偏った食生活で過ごしている

偏った食生活には2つの側面があり、まずひとつは皮脂分泌量を増加させる作用のある食べ物を食べていること。

揚げ物や脂身、ごはんやパンなどの炭水化物、ケーキやスイーツなどの甘いもの、高GI食品に中性脂肪の多い食品を食べていると、皮脂分泌量が増えてしまうことに。

さらに皮脂分泌を調整したり、脂質の代謝を促進する栄養素であるビタミンCやビタミンB2、ビタミンB6や食物繊維が不足することで、皮脂分泌量の調整ができなくなります。

そういった食生活を続けていると、どれだけ高価な化粧品を使用しても皮脂分泌量を抑制できずに、毛穴汚れや角栓の目立つ状態に。

睡眠不足や過度なストレス状態

食生活に合わせて、脂性肌の人に多いのが生活習慣の大きな乱れ。

特に慢性的な睡眠不足状態だったり、過度なストレス状態が続いていることで、交感神経が優位な状態が続いている人が多いんです。

交感神経が優位な状態が続くことで、皮脂分泌を促進させる作用のある男性ホルモンの「アンドロゲン」の分泌量が増加。

その結果、毛穴汚れや目立つ角栓の原因を自分で作ってしまっている人も。

このように毛穴汚れや角栓の原因のほとんどが、乱れた生活習慣や食習慣、間違ったスキンケア方法など、改善することができる原因が多いんです。

皮脂分泌量は肌の脂分と水分量の影響も強く受ける

実は間違ったスキンケア方法を実践している人の中には、皮脂腺を活発にして逆に皮脂分泌量を増加させるスキンケアを行っている人も。

特に強すぎる洗顔料を選んでいたり、保湿効果の弱いサラッと系の化粧水を使用している人は要注意。

10代や20代前半の皮脂肌には、多少の効果があったものの20代後半や30代、40代になってくると明らかに間違ったスキンケア方法で、より皮脂腺の活動が活発に。

強すぎる洗顔料では、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいますし、サラッと系の化粧水ではすぐに水分が蒸発して、肌の内側が乾燥した状態に。

そうなると、皮脂腺では皮脂を過剰分泌させることで、肌のバリア機能を維持しようとしますので、完全に逆効果になってしまいます。

皮脂分泌量を抑制し、肌の内側の保水力をアップさせれば毛穴汚れは改善できる

このように毛穴汚れや角栓の大まかな原因が、生活習慣や食習慣、スキンケア方法にあるということがわかったと思いますが、実際にどうすれば良いのかはまだ説明していませんよね。

そこで実際に誰でも簡単に毎日できるスキンケア方法で、皮脂分泌量を抑制し、肌のバリア機能を維持する効果のある方法を紹介します。

それは洗顔ではなく、化粧水に皮脂分泌量を抑制し、美白効果のあるものを使用すること。

一般的にビタミンCを配合している化粧水であれば、皮脂分泌量抑制効果や美白効果を実感できると言われていますが、そのビタミンCの浸透力に注目することが大切。

実は通常のビタミンC水溶液よりも、100倍以上の浸透力があり、ハンドプレスだけで角質層のさらに奥の真皮層までビタミンCを浸透させることができる美容成分があるんです。

それが高浸透型ビタミンC誘導体のアプレシエ(APPS)という美容成分。

このアプレシエは、その浸透力の高さから日々のスキンケアで、イオン導入を行っているレベルのスキンケア効果を実感できます。

ただ浸透力の高さがメリットですが、その反面、値段が高く使用期限が短いというデメリットも。

そんな高浸透型ビタミンC誘導体のデメリットを改善したのが、サイクルプラスのエンリッチローション。

エンリッチローションはアプレシエ(APPS)配合なのに、3000円以下のプチプラ価格で使用でき、自宅で混ぜるのでそこから1ヶ月ほど使用できる特徴が。

1ヶ月間たっぷりとエンリッチローションを使用することで、皮脂分泌量が抑制され、肌のモッチリ感が増して、真皮層のコラーゲンやエラスチンの産生を促進してくれるので非常に効果的。

お風呂上がりや洗顔後に、ハンドプレスをするだけなので、誰でも毎日簡単にスキンケアできると本当に話題の商品。

実際に私もその効果を毎日のスキンケアで実感していますので、どのような使用感か、この記事を参考にどうぞ!

エンリッチローションは、APPS配合化粧水でも最も高コスパなのに、EGF様ペプチドやFGF様ペプチドなど、エイジングケアに効果的な成分が豊富。

だから肌の内側の潤いをしっかり高めてくれますので、ビタミンC誘導体の保湿効果が気になる人にも、非常におすすめできる商品です。

ビタミンC誘導体という美容成分の違いやどのような種類があるのか?基本的な情報が気になっている人には、この記事がおすすめ。

ビタミンC誘導体という美容成分について、私が過去に調べた情報をまとめていますので、その効果の高さや、APPSの凄さがより詳しく理解できると思います。

APPS配合化粧水は、ビタミンC誘導体でも保湿効果に優れたものですので、本当におすすめの美容成分ですよ。